メインコンテンツへ
大学院 国際マネジメント研究科主催「青山MBA特別フォーラム―グローバル時代のキャリア形成とビジネススクール」を開催

 大学院国際マネジメント研究科(青山ビジネススクール)は、2008年11月29日(土)に、「グローバル時代のキャリア形成とビジネススクール」をテーマに特別フォーラムを開催しました。企業経営者の特別講演と、MBAを取得したビジネスパーソンによるパネル・ディスカッションの2部構成。定員150名の事前予約も早々に満員となる程の大盛況となりました。


株式会社資生堂代表取締役社長 前田 新造 氏

 フォーラムの第1部は、株式会社資生堂代表取締役社長前田新造氏による特別講演『魅力ある人で組織を埋め尽くす』でした。前田社長は、2005年に代表取締役社長に就任後、「100%お客様志向」「ブランドの磨き直し」「魅力ある人で組織を埋め尽くす」の3つの目標を社内外に示して大規模な経営改革を次々と進め、就任後3ヵ年で目標としていた営業利益率8%以上を達成し、売上・利益共に過去最高を達成しました。「ヒューマンサイエンス」と「おもてなしの心」を価値とし美しさと共に心の豊かさを重んじる資生堂の企業理念、ブランドの絞り込みとメガブランドの育成によるお客様志向のマーケティング改革、美意識を追求し「共育」という言葉で示される人材育成の姿勢と具体的な取り組みなど、前田社長の感動的な話に、会場から活発な質問が出されました。


 第2部は、同研究科の須田敏子教授司会のもと、日本オラクル株式会社常務執行役員の保々雅世氏、同研究科MBA コース修了生の株式会社東急百貨店伊藤正貴氏、同じくパナソニック株式会社奥田えり子氏、同研究科の北川哲雄教授の4名がパネリストとして登場。『戦略的キャリア・デザイン』をテーマに、各パネリストが自身のキャリアについて力強く語った後に、MBAの取得は転職に役立つか、日本と海外のビジネスパーソンの違いなど、会場からの質問に対して具体的な幅広いディスカッションが行われました。
(国際マネジメント研究科 教授 松浦祥子)

ページトップへ