メインコンテンツへ
第37回日米大学野球選手権大会の日本代表に、本学硬式野球部の小池翔大君が選出されました。

 2009年7月12日(日)から16日(木)の日程で開催される「第37回日米大学野球選手権大会」の日本代表チームに、本学硬式野球部の小池翔大君(第二部文学部教育学科3年)が選ばれ、“JAPAN”のユニフォームに袖を通すことになりました。
 2007年の前回大会では、敵地で初の優勝を飾った日本チーム。今回は4年振りの日本開催でもあり、真剣勝負で“連覇”を狙います。チームの要でもある捕手を任される小池君に、代表チームの一員として米国戦に臨む意気込みを聞きました。
小池 翔大 捕手
第二部文学部教育学科3年
小池 翔大 捕手
 選考合宿で十分にアピールできたかどうか自信がなかったので、代表決定の連絡を受けたときはビックリしました。正直、合宿に参加して他大学の一流選手たちとプレーし、またキャッチャーとして、日本のエース級のピッチャーたちのボールを受けられただけでも大きな収穫だと感じていたんです。でも、そういった仲間たちと一緒に“日の丸”を背負えることになり、本当にうれしく思っています。ただ、小学校で野球を始めてから「日本代表」なんて初めての経験なので、あまり実感が湧かなくて…(笑)。とにかく思い切ったプレーを心掛けるだけです。
 キャッチャーは打つより守りが重要。米国チームにはパワーヒッターが並ぶイメージがありますが、そんな米国相手に、日本の大学のエースたちの真っ直ぐがどれだけ通用するのか僕自身も楽しみにしています。恐らくピッチャーも真っ向勝負を望んでいるはずなので、優秀な投手陣を強気で引っ張っていきたいですね。
 もちろん勝負なので勝つことは大切です。それでもゲームの一瞬一瞬の駆け引きなどをじっくり味わうことができるといいですね。また米国との対戦以上に日本代表として一緒に戦う仲間たちとの交流も楽しみです。一流と呼ばれる選手たちの野球に対する姿勢など、吸収できる部分は積極的に取り入れたいと思います。そして経験したことを大きな手土産として青山学院に持ち帰り、秋からのリーグ戦に活かしていくつもりです。

〈第37回日米大学野球選手権大会 試合日程・会場〉
○第1戦 7月12日(日)12:00
 坊ちゃんスタジアム(松山市)
○第2戦 7月13日(月)18:00
 東京ドーム
○第3戦 7月14日(火)18:00
 クリネックススタジアム宮城(仙台市)
○第4戦 7月15日(水)18:00
 鶴岡ドリームスタジアム(山形県鶴岡市)
○第5戦 7月16日(木)18:00
 明治神宮野球場
(予備日 7月17日(金) 明治神宮野球場)
ページトップへ