メインコンテンツへ
学生と教職員へのiPhone3G配付から1年。社会情報学部の成果と今後の展望

 iPhone3Gの大ヒットが火付け役となり、携帯電話市場で「スマートフォン」が注目を集めています。社会情報学部では、2009年5月14日にソフトバンクモバイル株式会社およびソフトバンクテレコム株式会社と共同で、モバイル・ネット社会やユビキタス・コンピューティング、さらには知識情報社会について研究・教育を行っていくとの基本協定を締結。学部の全学生と教職員に対してiPhone3Gの配付を実施しました。
 協定締結から1年が経ち、昨年以上にスマートフォンに対する世間の関心が高まるなか、iPhone3Gの導入がもたらした現段階での成果と今後の展望について、プロジェクトの中核を担う社会情報学部の飯島泰裕教授と宮治裕准教授に話を聞きました。
飯島泰裕
社会情報学部
教授
飯島 泰裕
 社会情報学部では、「高度に発達した情報化社会で広く活躍できる人材育成」を教育方針に掲げ、“生きた情報に精通した社会で役立つ力”の習得を目指しています。ソフトバンクモバイル株式会社およびソフトバンクテレコム株式会社との協定締結も、そのための施策の一環と呼べるものです。
 この協定は単なる端末の提供で終わるものではありません。ソフトバンク側から時代の先端を行くキーマンを招いて特別講座を開くなど、あくまで共同による研究・教育活動を目的とした“産学連携”の取り組みです。アプリの開発に積極的な学生たちが、ソフトバンクからの紹介で研修に参加し、彼らが開発したアプリがこの4月から実際に発売された実績も挙げています。
 端末の配付から1年が経過し、iPhone3Gの可能性もいろいろと見えてきました。大学は「今」ではなく、学生たちが卒業してからの社会で生かせる力を身につける場所です。そういう意味では、日進月歩のIT分野に強くなることは、今後のビジネスにおいて大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。モバイル・ネット社会に対する検証・提案等の場として、ゼミでのフィールドワークのツールとして、さらには就職活動をサポートするツールとして等、これからもスマートフォンの有効な活用法を探究しつつ、一人でも多く、新しい時代の牽引者を育てたいです。


宮治 裕
社会情報学部
准教授
宮治 裕
 iPhone3G導入の狙いはいろいろ挙げられますが、世界規模でのビジネスを可能にすると注目されている最先端の機器を、実際に手にして“体感”してみることが何よりも大切だと思います。
 具体的な活用法の一例としては、これまで授業の度に配付していたプリントをデータ配信に代えました。さらに一部の授業はビデオ撮影し、動画を配信しています。これらの“教材”を学生たちは、いつでもどこでも繰り返し、必要な部分だけ“復習”することができるのです。
 また最も効果的だったのが、e-Learningでの活用です。ITパスポートの資格試験対策用に開発した「e-veryStudy」では、過去問題に何度でも挑戦できます。その正解数がランキングとして表示されることもあり、刺激を受けた学生たちが競って過去問題にチャレンジする姿が見られ、実際に合格者の輩出にもつながりました。常に携帯するiPhone3Gだからこそ、通学時や寝る前などの“すき間時間”を学習時間として有効活用できた成果です。
 その他、出席採取、授業時アンケート、学習アプリやコンテンツの活用など、さまざまな用途で活用されるiPhone3Gですが、その背景には、本学部の取り組みに協賛いただける多くの企業との連携があります。多領域にわたる幅広いコラボレーションについては、これからも積極的に展開していきたいですね。
ページトップへ