メインコンテンツへ
eLPCOの研究部会が、小学生を対象とした「グループワークで育むコミュニケーション塾」を研究協力

 青山学院大学に2005年に創立された総合研究所eラーニング人材育成研究センター(eLPCO)では、これまでに大学生や社会人等を対象にICT(Information and Communications Technology)を駆使した多彩な学習環境を提供してきました。今回はセンター内に新たに立ち上げた「ICT子ども協働コミュニケーション・デザイン研究部会」が、新たな取り組みとして小学生対象の「グループワークで育むコミュニケーション塾」を共同企画。ICTを活用した新しい教育プログラムによって、学校や学習塾では学べない、総合的なコミュニケーション能力を習得できる場を実現しています。
 なお、この研究部会は、児童心理、教育心理、組織学習、コミュニケーション、プロジェクトマネジメントなど、さまざまな分野の専門家が集まって実現した産学連携の取り組みでもあります。eLPCOセンター長とともに、本事業を共催する「青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社(青学Hicon)」の代表取締役も務める経営学部の玉木欽也教授に、小学生をターゲットとするコミュニケーション塾の詳細について聞きました。
玉木 欽也
総合研究所
eラーニング
人材育成研究センター
センター長
玉木 欽也
(経営学部 教授)
 昔の子どもたちは、友達との遊びを通じてチームワークやリーダーシップなど、コミュニケーションを実践的に学びました。近年は時代の変化もあり、体を使うよりもゲーム機等での遊びが主流となり、その一方で学習塾に通う子どもが増加傾向にあるなど、小学生にとって“コミュニケーション能力”が欠如しやすい環境であることが危惧されています。
 eLPCOの研究部会では、今回ICTを活用して小学生に「コミュニケーション」の大切さを知ってもらうためのプログラムを用意しました。ここで言う総合コミュニケーション能力とは、「チームワーク」「探求心」「問題解決」「論理的思考」「創造性」の5つの能力を結集したものであると考えています。これらの総合能力を身につけるために、基本的にグループワークでの学びの場を設定し、仲間と共通目標に向けて協働し、刺激し合う環境を用意したのです。
 コミュニケーション塾の大きな柱は3つあります。まずは先ほども言った「グループワークによる集合研修」です。ここでは教育用レゴ・ロボットの組み立てとプログラミングを体験してもらいますが、ひとりで作業を終わらせるのは難しいように失敗から学び協力が必要な仕かけが設定されています。そのため子どもたちは、自然と役割分担や仕事の調整、さらにはチームワークについて考えさせられるわけです。
 次に「パソコンゲーム、インターネットを使ったグループでのコミュニケーショントレーニング」です。子どもたちに受け入れられやすいようにパソコンゲームを用いて、集団的意志決定や状況認知能力などを体験的に学ぶなかから、リーダーシップとフォロアーシップの重要性を習得します。また、ここではインターネットの有効性をしっかり指導することも重要ポイントです。使い方によっては子どもたちに有害となるインターネットですが、正しい情報を知り、その有効性を理解しながら“現代のメディア”を積極的に活用してもらいたいと考えています。
 そして3つ目が「インターネットを使ったレポートライティングと学習指導」になります。自分が興味や関心を持ったことを“調べる”ことは、子どもたちの創造性と探求心の育成に効果的です。調べ学習にインターネットが有効なことを理解させながら、自ら調べる楽しさを伝えます。さらにこのプロジェクトでは、最後に自己評価と感想を作文として書いてもらい、学習指導することも大きな特色です。「書く」ことは、話すこと以上に自分自身と向き合う機会になるとともに、有効なコミュニケーション手段でもあります。また、学んだ内容や身につけた能力を整理し、振り返ることは、学習の理解度を飛躍的に向上させることにもつながります。
 小学生の年代は、人間として生きていくための大切な基礎作りの時期です。その時期に学んでおくべきことがたくさんあり、「コミュニケーション力」もそのなかの重要なひとつでしょう。見て、触れて、感じて等、五感を目一杯使っての学習は、子どもたちにとって大きな経験になると思います。ぜひ、今後の取り組みに注目してください。また、今回の経験を生かし、さらなるプログラムの充実につなげていくつもりですが、将来的には、不登校・ひきこもりの児童や障害を抱えた児童への対応など、さらなる社会貢献にも目を向けたいと考えています。

参考
小学生のためのグループワークで育むコミュニケーション塾
http://www.aogaku-hicon.jp/communication.html
ページトップへ