メインコンテンツへ
陸上競技部(短距離部門)の池田有希さんが関東インカレと日本学生個人選手権大会を制覇

 5月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)に国立競技場で開催された「第89回関東学生陸上競技対校選手権(関東インカレ)」に本学陸上競技部の池田有希さんが出場し、女子1部400mを自己ベストとなる54秒48のタイムで優勝。女子1部4×400mリレーではアンカーを務めチームの準優勝に貢献しました。
 池田さんは6月20日(日)に平塚市総合公園平塚競技場で開催された「2010日本学生陸上競技個人選手権大会」でも、女子400mを55秒39のタイムで勝利し、見事に2冠を達成しました。
池田 有希さん
文学部教育学科4年
池田 有希さん
 青山学院大学に入学してから昨年まで、けがの影響からなかなか良い状態でレースに臨むことができませんでした。今シーズンにかける思いが強かっただけに、両大会の結果には特別なうれしさを感じています。また関東インカレの4×400mリレーでは、後輩たちが期待以上の力を発揮してアンカーの私にバ トンをつないでくれました。準優勝という結果にも満足しています。
 これまでに、「もう辞めたい」とまで思った大きなけがを2度経験しました。1年生のときは、大会で左足の肉離れを起こし歩くことすらできない状態になってしまい、3年生のときにも練習中にふくらはぎを痛めてしばらく走れない時期がありました。正直、在学中の自己ベスト更新は難しいと思っていたので、関東インカレの記録には自分でも驚いています。私の状態に合わせて綿密にリハビリメニューを考えてくださった監督、励まし続けてくれた仲間たちには心から感謝しています。
 9月には学生最後の全日本インカレを控えています。個人の400m、4×400mリレーともに優勝できるよう、コンディションをしっかり整えて臨みたいと思います。
ページトップへ