メインコンテンツへ
Club & Circle No.7
体育会 居合道部 仲間の結束力が自慢。今年は全国制覇を目指します!

 日本の伝統武術「居合道」を通じて、心身ともに自らを鍛えあげることが目標です。日々の稽古では、素振りや体さばきの基礎練習から始め、技の稽古、試合形式の演武会などを行っています。東日本学生居合道大会において2009年度、2010年度と連続で団体優勝を果たし、2010年には全日本学生居合道大会でも団体戦第3位の結果を残しました。
 目標は高く掲げていますが厳しいだけでなく、稽古中とそれ以外のメリハリを大切にしています。とくに先輩と後輩の関係をしっかり持ちながらも、垣根なく楽しく接することができるのが居合道部の特色。大学4年間で後輩指導や部の運営など学年に応じた役割を団体に所属して経験することは、卒業後も必ず役立つと思います。
 部活動の最大の意義は、先輩・同期・後輩との「連携」を学べることです。仲間のなかで自分は何ができるのか、どのような役回りなのかを理解し、できる限りの役目を果たす。それが仲間同士の結束を固め、信頼感を生み出し、大会の結果にもつながります。今年度はさらに目標を高く掲げ、東日本大会3連覇と全国大会優勝を目指します。

(主将:経済学部経済学科3年 玉光 弘和)


青山祭での演武公開


練習場にて
ページトップへ