メインコンテンツへ
Club & Circle No.8
古美術研究会 楽しく美術を鑑賞しながら、人間として成長できます

 月に2回程度、週末に都内や関東近県の博物館・美術館に出かけて古美術作品を鑑賞するのが主な活動です。その他にも年に2回鎌倉で寺社仏閣巡りをしたり、青山祭では庭園や建築の模型をつくって展示するなど、幅広く活動しています。また昨年度は春に箱根、夏に京都で合宿を行い、たくさんの美術作品を鑑賞してきました。それぞれの意見や感想を交換しあうことで、一人でただ鑑賞するよりも美術作品の知識や理解をずっと深めることができます。
 「古美術」という名前から“堅苦しい”“難しい”といったイメージがあるかもしれませんが、特別な知識は必要なく、興味があれば誰でも大歓迎。美術作品の鑑賞を通して、みんなで人間として成長していければと思っています。私も入部するまで美術の知識はありませんでしたが、活動を通して美術作品の知識も広がり成長を実感しています。
 メンバーの仲がよく、和気あいあいとした雰囲気で活動できるのが古美術研究会の魅力。美術を通して仲間とつながるちょっとオシャレな大学生活を送ってみませんか。
(会長:法学部法学科3年 阿部 玲)


鎌倉散策にて


青山祭展示風景
ページトップへ