TOP

機械工作室の概要

役割と業務内容

青山学院大学機械工作室は、様々な種類の工作機械を50台以上も所有しており、本学におけるものづくりの実践教育と最先端研究を支援しています。身近なものの製作過程では、創る楽しみと親しみをもつとともに、学生一人一人が実際の生産工程で使われる工作機械を扱うことで実感的に学びます。 教育に関しては、たとえば理工学部の新入生全員が金属製ペン立てを題材にして、設計・部品の加工・組み立て・製品の検査・評価といったものづくりの一連の流れを理解します。 研究に関しては、実験装置の設計・製作の相談、試作・改良・補修などを短期間で対応する体制をもってサポートしています。また、旋削・フライス・研削・放電などの各種除去加工と溶接・鋳造・精密測定などを行う金属加工エリアに加えて、2019年度には3D-CADと樹脂素材を扱う積層造形室を新たに併設しました。ここでは、先端的研究を進める上でアイディアを形にする必要があり、しかしながら工作機不慣れな方を主な対象者として、学内のすべての学生・研究者向けのCAD・CAM講習会を随時行っています。最新設備を導入するだけではなく、時代とともに進化する新しい加工技術を教育・研究支援に取り入れるためにも、幅広い知識と高度な技能を兼ね備えた専門性に優れるスタッフが配置されています。

  1. 学内教育

    【カリキュラムに定められた実習】
    旋盤を使用した引っ張り試験片の製作やフライス盤でのはめあい部品加工の実習を行っています。

    【安全教育】
    工作機械を安全に使用する為に利用者全員に安全教育講習会を実施し、安全ガイドブックも配布しています。また、安全加工を行うように指導もしています。

  2. 研究支援

    理工学部に所属する院生・学部生が研究のための実験装置の設計や加工を行う際に、その加工方法や安全管理の指導を行います。また、教員からの研究に関する依頼加工などにも対応しています。

  3. 地元地域への貢献

    ※写真文言追加可能です。
    施設公開、子供理科教室、体験講座等の開催

  4. 外部企業等への技術指導

    ※写真文言追加可能です。
    施設公開、子供理科教室、体験講座等の開催

  5. 大型分析装置の集中管理

    ※写真文言追加可能です。
    装置の性能維持、故障対応など

当センターでは学内で利用する共通性の高い大型分析機器や、分析試料の前処理装置等を集中管理しています。学生はスタッフの指導の下、これらの装置を自ら操作し、各自の研究を進めることができます。


【機器紹介】
写真 工作機械名(品番)
■立フライス盤(SHIZUOKA FEL-5)

※工作機械の説明・特筆事項の情報をご提供ください。
■マシニングセンター(FANUC ROBODORILL α-14iD)

※工作機械の説明・特筆事項の情報をご提供ください。
■汎用旋盤(TECNO WASINO LR-55)

※工作機械の説明・特筆事項の情報をご提供ください。
■卓上ボール盤(KIRA KRT-340)

※工作機械の説明・特筆事項の情報をご提供ください。
■平面切削盤(Okamoto PSG-52DX)

※工作機械の説明・特筆事項の情報をご提供ください。
■カスタム旋盤(TECNO WASIINO C3 FANUC Series 21i-T)

※工作機械の説明・特筆事項の情報をご提供ください。
■工作機械の名前(品番)の情報をご提供ください

※工作機械の説明・特筆事項の情報をご提供ください。
【施工事例】
写真 装置名・利用目的
写真と文言支給ください。写真の数は任意の数追加可能です。
写真と文言支給ください。写真の数は任意の数追加可能です。
写真と文言支給ください。写真の数は任意の数追加可能です。
写真と文言支給ください。写真の数は任意の数追加可能です。
機械工作室 基本情報
名称 理工学部附置 機械工作室
室長 田崎 良佑
お問い合わせ 〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
相模原キャンパスI棟108
電話: 042-759-6028
リンク リンクがあれば追加可能です。