TOP

卒業要件等

卒業要件等

2017年度以降入学者用のフランス文学科の卒業要件や履修についてご紹介いたします。

卒業要件

(1)卒業に必要な単位数について

卒業資格を得るためには、下表の各科目種別について定める単位数を修得しなければなりません。
ここに示す単位数は各種別ごとの最低の単位数であり、これが1単位でも不足すると卒業は認められません。

(2)学位について

文学部フランス文学科に4年以上(ただし、8年を限度とします)在学し、卒業に必要な要件を満たした者には、学位記を与え、学士(文学)の学位を授与します。

卒業に必要な最低単位数

 

科目の種類 必選の別 必要単位
青山スタンダード科目 24
学科科目 フランス語科目 必修 16
専門科目 必修 24
選択必修 40
自由選択科目 選択 24
 総計 128

最高履修制限単位

最高履修制限単位は次のとおりです。各年次ともこの単位を超えて履修することはできません。
なお、各年次においては、1科目以上の履修をしなくてはなりません。

第1年次 第2年次 第3年次 第4年次 合計
44 48 48 44 184
NOTE
  • ※ 中学校、高等学校の教育職員免許状の取得を希望する場合は、教職課程科目を上記制限単位外で履修できます。
    なお、社会教育主事の資格を取得希望する場合は教育原理A、教育原理Bを上記制限単位外で履修できます。
    なお、社会教育主事の資格を取得希望する学生は教育原理A、教育原理Bを上記制限単位外で履修できます。

進級条件

(1)1年次終了時に8単位以上修得しなければ2年次に進級できません。
(2)2年次終了時にフランス語科目(16単位)を含む50単位以上を修得しなければ3年次に進級できません。

※(1)、(2)の修得単位には教職課程科目は含まれません。

修得単位僅少者について

入学後1年または2年間の修得単位数やG.P.A.が以下の条件に合致する学生に対し、修学の意思を確認するとともに、警告・注意・退学勧告等を行います。
成業の見込みのない学生として除籍されることがありますので、該当することのないよう注意してください。

(入学後1年間の修得単位数・成績)
・修得単位数が16単位以下又はG.P.A.が学部の警告を要すると認める基準値(0.5未満)
・修得単位数が17単位以上31単位以下又はG.P.A.が学部の注意を必要と認める基準値(0.5以上、0.7未満)

(入学後2年間の修得単位数・成績)
・修得単位数が32単位未満かつG.P.A.が学部の判定基準として決定した基準値(0.7未満)