TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

風化と槌音と~東日本大震災7年目の日にあたって

NEWS

SCHEDULED

2018.03.11

TITLE

風化と槌音と~東日本大震災7年目の日にあたって

CATEGORY

今年も3月11日をむかえ、東日本大震災発生から早7年目となりました。
犠牲者の方々にあらためて哀悼の意を表するとともに、被災者の皆様に心からのお見舞いを申し上げます。
この7年の歳月の間には、多くの方々の不断の努力のもと、鉄道などインフラ整備による被災地の復旧も徐々に進んできました。しかしながら、その復興の槌音と引き換えに、震災の記憶が風化しつつある、といったこともまた事実であります。
本学と震災とのつながりは、発災当日の青山キャンパスにおける帰宅困難者対応から始まり、二か月後には緊急支援対策委員会のもと、学生団体であるボランティア・ステーションを組織し、被害を受けられた方々と復興に取り組む方々の視点に立った支援活動に取り組んできました。現在はそれらについて、ボランティアセンターを中心に行うことにより、引き続き大学としての社会的責任を果たしてまいります。

2018年3月11日
学長 三木義一