TOP

通常と異なる状況下での不安やストレスについて

学生のみなさんへ

4月8日(水)~5月31日(日)まで、本学はしばらく閉鎖することになりました。
(緊急事態宣言が延期された場合、本学の閉鎖も延期となる予定です)
本学の閉鎖の期間は、学生相談センターも閉室となります。
おそらく大学の授業が開始される5月上旬までは相談をお受けすることができなくなりますが、
それまではお互いに控えるべき行動を控え、できることをしていきましょう。
改めてお知らせできることができましたら、ポータルやホームページの情報を更新いたします。

なお、大学各事務部署への「急を要する」お問い合わせは、次のフォームから受け付けています。不要不急のお問い合わせは、お控えください。
https://www.aoyama.ac.jp/emergency/20200407_01

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、私たちはこれまでに経験したことのない困難に直面しています。次のメッセージが、みなさんの心身の健康を保ち、この局面を乗り越えていくためのヒントとなればと願います。

1)心身の健康を保つには
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、「病気の感染」だけでなく、不安や恐れ、嫌悪・偏見・差別、といった「心の問題を引き起こすリスク」をはらんでいます。もしかしたら自分が感染の原因なのではとの自責の念など、ふだんとは異なる心持ちになる可能性が誰しもにあります。それはむしろ人として自然なことであり、おかしなことではありません。
手洗い、咳エチケット、人混みを避けるといった「病気を防ぐ行動」に加え、気づく力、聴く力、自分を支える力、互いにねぎらい、敬意といった「この事態に立ち向かうための心の準備」がとても大切です。
参考:日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200326_006124.html

2)なるべく人と分かち合い孤立を防ごう
身近な人達と直接会うことは難しくても、電話やメール、SNSなどを使い、人との繋がりを保つことは大事です。お互いに体験したこと、感じていることを表現しあったり、相手を気遣ったりすることで、お互いに落ち着きを取り戻し、つながりを感じることは意味があるでしょう。
学生相談センターにおける相談やグループ活動については、大学再開後にまた再開する予定です。そのときにまたお話ししましょう。

なお、学外の情報ですが、こちらも参考になれば幸いです。
American Psychological Association (2020). Keeping Your Distance to Stay Safe.
(日本心理学会訳 「もしも『距離を取ること』を求められたなら:あなた自身の安全のために」)
https://psych.or.jp/about/Keeping_Your_Distance_to_Stay_Safe_jp/

3)現在、精神科治療または心理的支援などを受けている方へ
現在、精神科治療あるいは心理カウンセリングなどのメンタルヘルスサービスを受けている方は、このような状況下で今後どのように治療や相談を進めていくことができそうか、担当医あるいは担当カウンセラーと、あらかじめ話し合っておくことをお勧めいたします。

4)学生相談センターの利用について
学生相談センターには、心理を専門とするカウンセラーが常駐しており、学生からのさまざまな相談に、日ごろから応じています。
「通常と異なる状況下での不安やストレス、心のケア」についても、可能な範囲でバックアップしたいと考えていましたが、再開までお時間をいただいています。
閉室で相談できない不安やイライラを抱えてしまう方もいるかもしれませんが、このような事態ですので、まずはご自身やご家族などの命を守るために、自分に何ができるかを考えていきましょう。


参考までに、学外の機関ですが、もしものときの相談先として掲載します。

電話相談(日本臨床心理士会)<~5/22開設中(延長の可能性あり)>
http://www.jsccp.jp/info/infonews/detail?no=708
SNS相談(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_sns.html
電話相談(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_tel.html
暴力に関する電話相談
・女性相談センター
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/sodan/j_soudan.html
・かながわ男女共同参画センター
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/x2t/dv_soudan_01.html