TOP

シリーズ3.ストレスとのつきあい方
      「ストレス対処法を見つけて実践すること ①」 

自分にかかるストレスやその現れ方に気づき、自分なりに考えた後には、ストレス対処法を見つけて実践していきましょう。ここではいくつかあるストレス対処法の中から、自宅で手軽にできるリラックス法「10秒呼吸法」をご紹介します。

ストレス状態に関係する私たちの自律神経は自動で働いているので、自分の意志でコントロールすることはできません。しかし、呼吸は「自律神経の“窓”」と言われ、直接アプローチしてリラックス状態を作ることができます。そこで、「10秒呼吸法」を試してみましょう。呼吸を整えると、脈拍が落ち着いて身体が温まり、頭の中がスッキリしてくるのが感じられます。

① まず姿勢を整えましょう。椅子に腰かけ、背もたれがある場合には軽くもたれます。ひざは軽く開き、両手はひざ、もしくはお腹の上あたりに置きます。首は軽くうなだれます。

② 静かに目を閉じます。

③ おへその下あたりを意識し、ゆっくりと息を吐き出します。この時、頭の中で “リラーックス” と唱えるようにします。

④ 全部吐ききったら、「1,2,3」で、鼻から息を吸いながら、お腹をふくらませましょう。「4」でいったん止めます。

⑤ 「5,6,7,8,9,10」で、息を吐きだしながら、お腹をへこませます。この時、口をすぼめて、ろうそくの火を消すようにゆっくりと長く吐くのがコツです。

⑥ ④~⑤を3分から5分、自分のペースで数回繰り返します。

⑦ 最後に、両手を前に突き出し、グーパーを数回繰り返した後、下におろしてブラブラさせ終了します。この動作は、リラックスさせた体と心を少しシャキッとさせて、日常生活に戻るために行います。


※一日3~5回行うとよいといわれています。ただし、回数や時間は目安です。こだわる必要はなく、自分が落ち着けるリズムで行ってみても良いです。

※ 効果が見られない場合や、やり方がよく分からない場合は、無理をせず中止してください。次回お会いできる時に一緒に試してみましょう。