TOP

SDGs関連研究補助制度 2021年度採択課題

財産分与を受ける妻に対する課税

研究者:野口 浩

財産分与義務者に対するキャピタル・ゲイン課税が離婚協議を成立させにくい状況を作り出しているといわれている。財産分与を受ける妻が課税されてしまうと、夫から妻への財産分与が円滑に行われなくなる可能性があり、離婚後、妻の社会的自立は困難となる。本研究は、米国の制度を参考に、夫から妻への円滑な財産分与が行われるような税法の解釈論および立法論を提示することで、女性の能力強化を法律学の立場から実現することを目的とする。

産学官民連携と学生参加型共同研究によるSDGsフードロス新生プロジェクト

研究者:玉木 欽也

本研究では、フードサービスの上流サプライチェーン(SC)に相当する収穫後損失などのフードロスと、下流SCに相当する小売・消費レベルのフードロスの削減・活用をするために、以下の活動を推進することを目的とする。
①上流・下流SCにおいてフードロスが発生する原因とそれが解決できない阻害要因の実態調査
②SDGs視点からフードロス削減・再活用に向けた新たな戦略・戦術の立案 
③その戦略・戦術の持続可能性を担保するCSV(Creating Shared Vale:共通価値=経済的価値と社会的価値の両立)のビジネスモデルモデルの構築 
④それらの社会課題解決に向けて、産学官民連携と学生参加型共同研究の組織体制の整備 
⑤本学における実証研究:イベント企画・実施運営、広報活動、SDGs食育プログラムの研究開発・実施 
⑥本学における社会実装事業化への実証実験 
⑦「SDGsフードロス新生プロジェクト」活動の啓蒙活動。