TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

シンギュラリティ研究所

シンギュラリティ研究所

概要

人類の発明の中で最も知的な「人工知能」が飛躍的に進化する近未来。そのとき人間はどう生きるのか?この課題に対して多方面から多様な研究をする。

  • 所長あいさつ

    私は、シンギュラリティ研究所所長として、この度の研究所開設には大きな期待を抱いています。AI、ディープラーニング、ソーシャルメディアなどが現在社会に大きな影響を与えているいま、さまざまなことが便利になり、人と人との繋がりも変わってきています。また、ロボットなども身近になり、生活も変化しています。  しかしそもそもこのようなツールはどのように使い、どのような目的に使われるべきなのでしょうか? 現時点では、企業をはじめ、大学、政府などによって、日々開発が進み、技術が進化していますが、社会で必要となっているのはこういったツールの使い方や意味を考えることではないでしょうか。当研究所では、技術の進化にともなって起こってくる、社会に影響を与えるさまざまな問題を研究していきます。  シンギュラリティとはAIが人間を超える技術的特異点と言われていますが、人間を超えたらどのように動くのかという仕様は現時点でのAIの仕様によって決められています。大人の基本的性格が子どものときに決められるように、自立したAIがなにをするかは現在の「成長期」のAIによって決められていくのです。  私たちが期待する未来を実現するには、我々がどのような社会を求めているのかを改めて確認し、AIが持つ「倫理」を検証していく必要があるのではないでしょうか。  当研究所では、倫理と平等など多様な価値観をもとに、人間にとってあるべき社会とはなにかを研究し、人間が希望を持って生きられる社会、より創造的に活動できる社会とはなにかをさまざまな視点から研究していく予定です。  私は、研究所の今後のイベントや活動を、このように公表できることに大きな喜びを感じます。 みなさまも私たちと一緒に来たるべき未来を考えていきませんか。みなさまのご参加を強く期待しております。

    青山学院大学シンギュラリティ研究所
    所長 McCREADY,Elin S.


    As president of the Singularity Research Institute, I have great expectations for the opening of this laboratory. At this moment computational tools such as AI, deep learning and social media have substantial influence on society: various things have become convenient, and the connection between people and people is changing. Robots and automation are already making significant differences in how we live. But how should one use such tools and with what kind of purpose should they be used in the first place? At present, technologies are evolving day by day due to rapid development by companies, universities, and governments, but not in a way that seems deeply thought through as far as their social impact. One major aim of our institute is to study various problems that affect society which accompany the evolution of technology. The singularity can be defined technically as the singular point at which AI exceeds human beings, but how this change will occur and what precisely it means to exceed the human is determined by the specifications of AI at the present moment. Just as the basic personality of an adult is decided in childhood, the actions and nature of self-aware AI will be decided by the AI of the current "growth period". In order to realize the future that we expect, we need to reconfirm what kind of society we are looking for and to consider closely ethical issues related to AI and the ethics of AI itself. In our institute, based on diverse values such as ethics and equality, we hope to help achieve an AI developed for human beings as human beings, and deployed in a society where people can live with hope in a way consonant with furthering their creativity and happiness. I feel great pleasure and excitement in the announcement of the upcoming events and activities of the laboratory. We hope that many people will join us, including you, the reader. Please keep an eye on this site for further updates.

    AGUSI director Prof.
    McCREADY,Elin S.

所長
McCREADY,Elin S.
文学部 教授
古橋 大地 地球社会共生学部 教授
野末 俊比古 教育人間科学部 教授
佐藤 智晶 法学部 准教授
田代 真人 株式会社メディア・ナレッジ代表取締役社長
吉田 葵 社会情報学部 助教
河島 茂生 青山学院女子短期大学 准教授

研究プロジェクト

  • 「近未来の図書館と新しい学び」

    ■趣旨・目的
    研究支援の強化に加え、教育・学修支援の拡充に向けて大きく変貌を遂げている大学図書館について、本来的な意味でのラーニングコモンズ、すなわち協働的・創発的な学び(合い)を促進するプラットフォームととらえ、実証的なアプローチを重視しながら、新しいモデルの開発をめざす(ここでいう「学び」は広く人間の成長を意味するもので、研究的な活動を含む)。
    本学において進められている新図書館建築にも資することをねらいつつ、本格的なAI時代を見据えて研究を進めていく。

    ■内容・体制
    近未来の図書館において実現の可能性があると思われるサービスやシステムについて、要素技術から理念・理論まで、ニーズの把握、現状・動向や実現に向けた課題の整理・検討、プロトタイプの実験・開発などに取り組む。

    研究トピックを例示すれば、

     ・利便性・個別性を向上させた次世代型レファレンスサービス
     ・学修活動に連動した文献・情報ナビゲーションシステム
     ・クロスメディア的な視点に基づくコレクション構築

    などが挙げられる。具体的なスケジュールなどは、現在、検討中。
    学外諸機関・諸氏との対話・協力を通して研究を展開していく(産学連携を含む)。研究成果については、順次、広く公開してフィードバックを得ることを重視する。

    ■今後に向けて
    これから本格スタートするプロジェクトにぜひお知恵とお力をお貸しください。
    ご意見・ご助言などは下記までお願いいたします。

    プロジェクトリーダー
    野末俊比古(本学教育人間科学部教授)
    tnozue@ephs.aoyama.ac.jp