TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

法学研究科

法学研究科

法学研究科は3専攻からなっています。私法専攻、公法専攻及びビジネス法務専攻です。これらのうち、私法専攻と公法専攻の両専攻は1961年に法学研究科が開設されると同時に設置され、すでに55年余の伝統を有します。これに対し、ビジネス法務専攻は2005年に設置された新しい専攻です。

これら専攻のうち、私法専攻と公法専攻は主として研究者養成にその軸足をおいています。一方、ビジネス法務専攻は、主として社会人を対象とした夜間大学院として、高度に専門的な法務実務を担うことのできる人材を育成するための専攻として当初から設計されている点で異なります。

法学研究科 基本情報

研究科長
教員
就学キャンパス
法学研究科サイト
法学研究科サイト

法学研究科サイトでは、法学研究科各専攻の「詳細情報」「特徴」などを掲載しております。

法学研究科 沿革

1961年 法学研究科修士課程(私法専攻・公法専攻)設置
1963年 法学研究科博士課程(私法専攻・公法専攻)設置
1984年 課程名称を博士前期課程・博士後期課程に変更
1999年 法学研究科改革開始(入試、教育内容等の改革開始)
2004年 ビジネス法務専攻開設届出
2005年 ビジネス法務専攻修士課程(人事労務、知財法務、税法務プログラム)ならびに同専攻博士後期課程を開設
2008年 ビジネス法務専攻修士課程定員増(40名より50名)ならびに金融法務プログラムを追加
2018年 ビジネス法務専攻修士課程定員減(50名より20名)ならびに税法務プログラムのみの設置に改組

同専攻博士後期課程の入学者募集停止

法学研究科リーフレット(2018年6月発行)