TOP

英米文学科

DEPARTMENT OF ENGLISH

AOYAMA CAMPUS

6つの専門分野の学際的研究を通じて、
世界で活躍できる人間を育成します。

MOVIES 動画で知る英米文学科

FEATURES 学科の特色

  1. 現代人に不可欠なテーマを英語で学ぶIE プログラム

    英米文学科のIntegrated English( IE) プログラム(1・2年次)では、「聴く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランス良く使って様々な活動をし、さらにそれらの活動を通して、人間関係、世界の文化、環境問題、情報とメディアなど、人間にとって普遍的なテーマや現代社会において重要な問題について考えます。授業は、少人数・レベル別・半期制で行ない、原則として週4コマの授業をネイティブスピーカーと日本人教師が半分ずつ担当します。外国人教師の国籍は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど様々ですが、全員が専門の資格と豊富な教歴を持っています。

  2. 専門科目では英語と文学を通して「人間」を理解

    英米文学科においては、世界を知る道具として英語を学ぶと同時に、英語という言語をあやつる人間の能力、その能力を活かしたコミュニケーション、さらにはその伝達行為を芸術表現に高めた文学のそれぞれを専門的研究対象とした学問を専攻します。そして、これら全ての学問に共通するテーマが「人間」なのです。言語と文学はともに、人間そのものと人間が生み出す文化を理解するために欠くことのできないものであり、また逆に、人間の言語行為やコミュニケーションのしくみを考えずには言語も文学も理解することはできません。

  3. PESE:PROGRAM FOR EXTENSIVE STUDIES IN ENGLISH

    複数のコースの専門科目を幅広く学びたい、語学や専門科目を英語で学びたいという要望や国際舞台で専門職をめざしたい、外国の大学院に留学して勉学を深めたいなどの目的に応えます。このプログラムに登録するには、一定の学力要件を満たす必要があります。

  4. 通訳・翻訳プログラム

    グローバル化が進むにつれ、ますます需要が高まる通訳・翻訳は、語学力や技術だけではなく幅広い知識が求められます。概論系など他の関連科目と組み合わせて体系的に履修することで、社会に出てから通訳や翻訳の仕事に携わる際の基礎力をつけることをめざします。

  5. 多数の教員免許状取得者を輩出

    英語科教育は「英語の青山」を体現する英米文学科の伝統の一つです。毎年数十人が卒業時に英語の教員免許状(中学校・高等学校)を取得しています。教職に必要な講義科目、演習(ゼミ)科目を充実させ、英語教師を目指す人の意欲に応えるカリキュラムを組んでいます。

PICK UP SEMINARS ゼミナール紹介