TOP

日本での就職支援

日本では、一般的に在学中に就職先を確定します。日本での就職を考えている場合、学内外で行われる就職ガイダンスやセミナーに積極的に参加し、早めに準備を進めましょう。進路・就職センター(青山キャンパス)/進路・就職課(相模原キャンパス)では、留学生担当スタッフがおり、各種ガイダンスを行ったり、個別相談に応じたりしています。また企業等からの求人票やインターンシップの情報を取りまとめています。進路・就職関連の行事等のお知らせは、進路・就職センター/進路・就職課、国際センターの掲示板、学生ポータル、WebAsh(進路就職支援システム)、Email等で行います。
3年進級時に青学オリジナルの就活手帳(ASH)を配布しますので、活用しましょう。その他、就職活動の経験のある先輩から話を聞くことも、就職活動を進める上での参考になるでしょう。
日本での就職が決まった際は、就労できる在留資格への変更が必要になります。例年12月から在留資格変更許可申請をすることができます。必要書類等については、就職予定の企業等に確認してください。

日本では、一般的に在学中に就職先を確定します。日本での就職を考えている場合、学内外で行われる就職ガイダンスやセミナーに積極的に参加し、早めに準備を進めましょう。進路・就職センター(青山キャンパス)/進路・就職課(相模原キャンパス)では、留学生担当スタッフがおり、各種ガイダンスを行ったり、個別相談に応じたりしています。また企業等からの求人票やインターンシップの情報を取りまとめています。進路・就職関連の行事等のお知らせは、進路・就職センター/進路・就職課、国際センターの掲示板、学生ポータル、WebAsh(進路就職支援システム)、Email等で行います。
3年進級時に青学オリジナルの就活手帳(ASH)を配布しますので、活用しましょう。その他、就職活動の経験のある先輩から話を聞くことも、就職活動を進める上での参考になるでしょう。
日本での就職が決まった際は、就労できる在留資格への変更が必要になります。例年12月から在留資格変更許可申請をすることができます。必要書類等については、就職予定の企業等に確認してください。

留学生向けに各種講座を実施

新入生/新年度オリエンテーション​や、日本就職準備講座(インターンシップ準備、ES作成、面接対策)​、先輩留学生との就活座談会等を行っています。詳細はWebAshでご確認ください。

留学生就職支援ネットワークシステム

本学では外国人留学生への就職支援の一環として(仮称)一般社団法人留学生支援ネットワークが運営する「留学生就職支援ネットワークシステム(アジア人財ネットワーク)」に加入し、本学に在籍する外国人留学生への就職支援を開始することになりました。本学独自で提供しているWeb Ashと合わせて活用してください。なお、システムの使用方法については、下記のPDFのご案内をよく理解した上で利用してください。

以下の学外団体では、外国人留学生の就職を支援しています。その他、外国人留学生に特化した民間の就職情報サイトや新卒人材紹介会社に登録して求人を探す方法もあります。

(独)日本学生支援機構

外国人留学生向けのセミナー情報やガイドブックをウェブサイトに掲載しています。就職のガイドブックは、日本語のほか、英語、中国語、韓国語版もあり、ダウンロードできます。

東京外国人雇用サービスセンター(外国人在留支援センター内)

外国人向けの職業相談、職業紹介や事業主への外国人雇用の情報提供等を専門的に行う厚生労働省所管の公共職業安定機関です。求職登録をする際は、在留カードと学生証を持参してください。学内では月2回、留学生対応経験豊富な専門相談員が来校し、進路・就職センター(青山キャンパス)内で個別相談会を実施しています。

国際留学生協会

日本語能力試験

ビジネス日本語テスト(BJT)

BJTビジネス日本語能力テスト 受験料補助を行っています。

就職活動を継続するための在留手続について

本学を卒業後、日本に留まって就職活動を継続したい場合、出入国在留管理局で在留資格「留学」から「特定活動(就職活動継続)」への変更申請をしなければなりません。在留資格「留学」のまま就職活動を続けることはできません。
ただし、申請には大学発行の推薦状が必要となり、本学は推薦状発行のための学内審査を行います。
また、大学の推薦をした場合でも必ず変更が許可されるわけではないため、日本での就職を希望する方は日本独自の就職活動スケジュールを十分に理解し、在学中に内定が得られるように最大限の努力をすることが大切です。
大学が推薦状を発行するのは卒業見込者対象の卒業前オリエンテーション(各年度12月/7月頃)にて申出があった場合に限りますので希望者は国際センターまで相談してください。