TOP

学びの特色とカリキュラム(フランス文学科)

CURRICULUM 学びの特色とカリキュラム

カリキュラムの特徴

フランス文学科では、フランス語を初めて学ぶ人にも既習者にも配慮した学習環境を整え、1・2年次に、文法、講読、作文、文法演習、発音練習、会話などを有機的に組み合わせたカリキュラムによって、少人数のクラス編成でのフランス語教育を行い、日本人とネイティブの教育スタッフが適材適所で担当します。これによって、基礎語学力を総合的に身につけることが可能になります。これと並行して、フランス文学や映像文化まで含めたフランス文化、さらにフランスの社会や歴史についての基礎的知識を身につけるための科目が用意されています。
2年次から3・4年次においては、これらの基礎の上に立ってさらに知識を深めるために、日仏教員による語学、文学、言語学、文化と社会についての数多くの演習と特講が設置されており、文学、語学、文化の3分野を自由に選択して研究することができます。

COURSE MODELS 履修モデル

フランス文学へのアプローチ

フランス文学への入門的なアプローチは1年次の「講読」に始まります。2年次に配置された「フランス文学史概説」は、フランス文学の流れをつかむとともに、中世から現代までの各時代の主要な作家に触れることを目的としています。また、「フランス語精読」では、比較的容易な文学作品がテキストとして取り上げられ、フランス語を学びながらフランス文学の楽しさを原文で味わうことができます。

2年次には、フランス文学の理解を一層深めるために「演習Ⅰ」が、3年次からは「演習Ⅱ」が用意されています。フランス文学科のひとつの特色は、計9人の文学分野の専任教員を揃えていることであり、16世紀(久保田)、17世紀(西村・秋山)、18世紀(井田)、19世紀(露崎・荒木)、20世紀(和田・濵野・阿部)の作家を対象とするゼミが開講されています。また「講読演習」や「文学特講」の授業でも、さまざまな作品に親しめるほか、「フランス文学研究」でも、フランス文学の特質をテーマ別に学ぶ機会が設けられています。

フランス語へのアプローチ

フランス文学科では、語学関係の専門科目として、2・3年次にフランス語学の諸領域を概観する「フランス語学概論」と、フランス語を時間の流れに沿って研究します「フランス語学研究」を開講しています。また、2・3・4年次配置の特講の中にも「フランス語音声学」、「フランス語学・一般言語学」などの語学関係の科目を配置しており、それぞれの分野の最新の研究成果に触れることができます。

語学関係の演習としては、語彙・意味の領域でフランス語を歴史的および共時的に研究する鳥居ゼミ、現代フランス語の動詞を中心とした語彙・構文体系の研究を行っている尾形ゼミがあります。

このようにどの科目も、言語学、文学、文化といった広い視野に立って、あるいは日本語との比較対照といった観点からフランス語の本質を解明すべく努めています。

フランス文化へのアプローチ

1年次に配置された「フランスの文化と社会」は、名称どおり、フランスの風土、歴史、文化、政治、社会について基礎的な展望をあたえています。また2年次の「演習Ⅰ」でも、年度により、また担当教員によっては、言語や文学の枠にとどまらず、さまざまな文化的題材をあつかうことがあります。

2年次からは、歴史、法制度、社会問題などの分野での個別の問題をアクチュアルな視点から専門的に講じる「フランス文化特講」が置かれています。また同じく3・4年次配置の「演習Ⅱ」では、文化的側面や言葉の面から日仏を比較し、相違点や共通点を考察する日仏対照学や、現代フランスにおける最も今日的なテーマをめぐって調査、検討をはかる現代フランス論の授業がフランス人専任教員によって指導されています。

ともにフランス語でのレポートや議論を通して、フランス文化を自発的に、かつ総合的に捉えることを目ざしています。なお、専門科目ではありませんが、青山スタンダード科目の「フランス語圏の社会と文化」も、フランス語およびフランス文化の世界的な規模での受容や継承を知るうえで有意義です。

※ここで紹介する履修モデルは、あくまでも一例です。

COURSE FEATURES 主要科目の特長

フランス文学を中心として学ぶ場合

科目名 特長
フランス文学特講Ⅰ、Ⅱ フランス文学について最前線の研究を行っている専門家による講義形式の授業。専門家ごとに個別のテーマを独創的な視点から掘り下げた講義が、1年間を通して多角的な視点から行われるため、常に新しい発見に満ち、知的好奇心を刺激する内容となっている。
フランス文学研究Ⅰ、Ⅱ 中世から現代にいたる各時代の専門家を取り揃えた本学専任教員による講義形式の授業。扱う題材も、小説・詩・演劇や哲学・思想など多岐にわたり、バラエティに富む作家・作品研究を通して人間や社会の本質に迫り、より豊かな視野を獲得することに貢献する。
フランス文学演習Ⅰ、Ⅱ フランス文学に関して、専任教員担当で、2年次から履修できる演習形式の授業。初等フランス語の知識を踏まえて、フランス語のテクストを正確に読み、そこに盛り込まれている複層的な意味を解釈する訓練を行うと同時に、より高度な研究において必要となる学問的手続きへの導入の役割を果たす。
フランス文学演習Ⅲ、Ⅳ フランス文学に関して行われる、専任教員による高度な内容の演習形式の授業。「演習Ⅰ」で培った知識をさらに深めるとともに、学生自らが主体的に選定したテーマについての発表の準備と遂行を通じて、高度なプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を養う。

フランス語学を中心として学ぶ場合

科目名 特長
フランス語学特講Ⅰ、Ⅱ フランス語学について最前線の研究を行っている専門家による講義形式の授業。専門家ごとに個別のテーマを独創的な視点から掘り下げた講義が、1年間を通して多角的な視点から行われるため、常に新しい発見に満ち、知的好奇心を刺激する内容となっている。
フランス語学研究Ⅰ、Ⅱ 言語学を専門とする第一線の研究者による講義形式の授業。言語学・音声学・歴史文法などから、言語としての「フランス語」を学ぶ。狭い意味での言語学に囚われず、文学や文化との関連という広い視野から言語学を捉え、また、日本語との比較対照という観点からも、フランス語の本質を解明することを目指す。
フランス語学演習Ⅰ、Ⅱ フランス語学に関して、専任教員担当で、2年次から履修できる演習形式の授業。初等フランス語の知識を踏まえて、フランス語のテクストを正確に読み、そこに盛り込まれている複層的な意味を解釈する訓練を行うと同時に、より高度な研究において必要となる学問的手続きへの導入の役割を果たす。
フランス語学演習Ⅲ、Ⅳ フランス語学に関して行われる、専任教員による高度な内容の演習形式の授業。「演習Ⅰ」で培った知識をさらに深めるとともに、学生自らが主体的に選定したテーマについての発表の準備と遂行を通じて、高度なプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を養う。

フランス文化を中心として学ぶ場合

科目名 特長
フランス文化特講Ⅰ、Ⅱ フランス文化について最前線の研究を行っている専門家による講義形式の授業。専門家ごとに個別のテーマを独創的な視点から掘り下げた講義が、1年間を通して多角的な視点から行われるため、常に新しい発見に満ち、知的好奇心を刺激する内容となっている。
フランス文化研究Ⅰ、Ⅱ フランス文化に関する専門家による講義形式の授業。過去から現代までの、映画・演劇・ファッション・美術・料理など身近なものを通してフランスの社会や文化について日本のものと比較対照しながら考察する。「異なるもの」への好奇心を養うことで、国際社会で活躍する人材の育成に寄与することを目指す。
フランス文化演習Ⅰ、Ⅱ フランス文化に関して、専任教員担当で、2年次から履修できる演習形式の授業。初等フランス語の知識を踏まえて、フランス語のテクストを正確に読み、そこに盛り込まれている複層的な意味を解釈する訓練を行うと同時に、より高度な研究において必要となる学問的手続きへの導入の役割を果たす。
フランス文化演習Ⅲ、Ⅳ フランス文化に関して行われる、専任教員による高度な内容の演習形式の授業。「演習Ⅰ」で培った知識をさらに深めるとともに、学生自らが主体的に選定したテーマについての発表の準備と遂行を通じて、高度なプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を養う。

ACADEMIC CATALOG 授業要覧(科目一覧)

SYLLABUS 講義内容検索(シラバス)