TOP

ゼミナール案内

ゼミナール案内

フランス文学科のゼミナールの研究テーマと内容をご紹介いたします。

教員名 研究テーマ
秋山 伸子 フランス演劇の魅力を学ぶ/モリエール『人間嫌い』を読む
阿部 崇 「労働」の哲学
荒木 善太 パリを考える/写真を読む
井田 尚 ディドロの短編集を読む
近藤 野里 社会言語学入門/フランス語の多様性を学ぶ、フランス語話し言葉の分析
金子 真 フランス語と英語の文法の違い/主語倒置と焦点
久保田 剛史 フランス中世・ルネサンスの詩と文化
露崎 俊和 フランス19世紀の詩を読む/ボードレール『悪の華』(「憂鬱詩篇」)を読む
濱野 耕一郎 ドリュ・ラ・ロシェルの初期作品
和田 惠里 ヴィクトル・ユゴー『ノートルダム・ド・パリ』を読む/プルースト『失われた時を求めて』より「囚われの女」を読む
DHORNE,F. フランスと日本の広告の対象分析/フランスの言語文化:広告と物語、日仏の文化・社会・言語を比較する
福田 美雪 19世紀フランス文学とジャポニズム
ADAMI,S フランコフォニー文化の考察/フランスの文化と社会の考察
DE LENCQUESAING, M. 社会と女性の表現:文学作品の映画への翻案/ファッションと文学の関係