TOP

学びの特色とカリキュラム

CURRICULUM 学びの特色とカリキュラム

学びの特色

将来の企業リーダーとなるべく、実践的な経営(マネジメント)と会計(アカウンティング)について学びます。1・2年次では履修選択の幅をあえて狭め、経営学の基礎を徹底して修得。データサイエンス教育やゼミを通して、戦略的・組織論的・財務的な視点を身につけ、経営課題に対してさまざまな観点からアプローチできる人材を育成します。

1年次にはマーケティングへの興味喚起

1年次前期には少人数のグループで必要な専門知識を学びながら現実の問題について考えるPBL(Project Based Learning)形式の授業を導入しています。ここでは、実際に販売されている商品やサービスを対象にし、そのマーケティング上の課題を少人数のグループで議論し、報告や提案を行い、その後の学習への意欲喚起につなげます。また、1年次後期にはマーケティングに欠かせないデータ分析の基礎を表計算ソフトを使った実習で学びます。

2年次から「青山マーケティング」の基礎を習得

マーケティング学科の「マーケティング論Ⅰ・Ⅱ」は、「青山マーケティング」を学ぶために不可欠な必修科目で、2年次に設置されています。1クラスあたりの受講者数を制限し、専任教員が責任をもって丁寧な指導を行います。学生と教員の距離が近く、学生からの提案が課外活動として発展することもめずらしくはありません。

COURSE MODELS 履修モデル

マーケティング学科では3つの履修モデルを提案しています。(1) マーケティング論に軸足をおいて、オーソドックスな経営学の理論を幅広く学ぶ「マーケティングと経営」、(2) グローバル&ローカル、社会的格差、排除と包摂など、多様な視点からビジネスを学ぶ「ダイバーシティとビジネス」、(3) リサーチに基づくマーケティング企画のための知識や技術を実践的に学ぶ「マーケティング企画構想」です。これらのモデルを参考にしながら、学生自身の興味や将来に応じた柔軟な履修を勧めています。
※ここで紹介する履修モデルは、あくまでも一 例です。

COURSE FEATURES 主要科目の特長

企業の協力による本格的な実践型授業。マーケティング・ベーシックスA

「大学生に企業が行うサスティナビリティ活動への参加を促すにはどうすべきか?」マーケティング学科に入学後、全員が取り組む必修科目「マーケティング・ベーシックスA」は、協力企業からの課題に対して、チームで企画を検討し、企業担当者に向けて発表する、学生参加型のPBL(Project Based Learning)形式の授業です。知識を講義で聞くのではなく、学生が現実のビジネスを疑似体験しながら気づきを得ることで、まずは経営やマーケティングへの興味や問題意識を深める、それが青山学院大学で学ぶマーケティングの第一歩です。

2021年度は、協力企業であるアディダス ジャパンから提示された冒頭のテーマに取り組みました。「小グループによる自律的な課題解決」というコンセプトのもと、担当教員によるレクチャーは最小限に留め、各グループの学生たちがそれぞれの強みをいかし、力を合わせながら、自分たちなりの解決策を導き出します。二カ月半にわたるプロジェクト期間中には、3週ごとに中間報告の機会が設けられています。学生たちは、企業の皆様から課題点・問題点についてのフィードバックを受け、試行錯誤しながらそれらを克服した上で、優秀チームを決める最終プレゼンテーションに臨むことになるのです。マーケティングの楽しさと難しさを肌で感じることで、本格的な学びへの大きなモチベーションとなっています。

※写真は2019年に撮影されたものです

広告コミュニケーション

私たちの周りには数多くの広告があります。また広告だけでなく、店頭でのプロモーションやインターネットでのキャンペーンも盛んです。これらを併せて広告コミュニケーションといいます。

この講義では広告コミュニケーション全体について、基本的な理解を深めていきます。広告コミュニケーションのマネジメントだけでなく、その背後にある論理についても学べることが、この講義の特色の1つといえます。

広告コミュニケーションの考え方は、コミュニケーション部門に携わらなくても活用できるものです。広告コミュニケーションの基本的な論理を理解して、さまざまな場面に応用して欲しいと思います。学生の皆さんの、自主的かつ積極的な取り組みを期待します。

 
久保田 進彦 Yukihiko Kubota
マーケティング学科 教授
専門分野:マーケティング

消費者行動論

消費者の行動や心理状態をよく知らなければ、企業は「欲しい」「買いたい」という気持ちをくすぐることはできません。この講義では、こうした消費者の行動や心理状態にスポットをあて、消費者行動を理解するとともに、消費者の視点からマーケティングを眺められるようになることを主たる目的としています。

消費者行動の理論を学ぶうえで、この講義では新聞記事やビジネス雑誌など多くの事例を紹介しています。理論だけでなく、学んだ内容が現実の世界にどのように活かされているのかを知っていく。これを繰り返すことで、ビジネスや消費者行動に限らず、物事のありようを理論の側面から論理的に捉えることができるようになります。こうした応用力や論理的な思考力は、就職してからも活かせる場面がたくさんあるでしょう。

土橋 治子 Haruko Tsuchihashi
マーケティング学科 教授
専門分野:マーケティング論(特に消費者行動)

科目名 特長
サービスマーケティング 流通、観光、エンタテインメントなどサービス分野のマーケティングについて、理論・分析手法などを多くのケーススタディを用いて学ぶ。毎回、学生は配布された課題について事前に準備をして、グループワークを交えた学生参加型の授業で理解を深める。
消費者行動論 消費者の行動を予測し、予測のための知識を習得し、それを基礎として有用なマーケティング戦略を考える力を身に付けることを目的とする。認知心理学や社会心理学を用いながら、消費者の購買行動やその背後にある心理状態を学習する。たくさんの事例を取り上げながら、現実世界での応用の仕方についても理解する。
流通論Ⅰ・Ⅱ 生産者と消費者をつなぐ身近な存在である流通について詳細に分析する。流通においてどのような活動が行われているのか、商品ごとに流通の仕組みが異なるのはなぜか、日本の流通の特徴や変化の方向はどのようなものか、小売・卸ははどのような機能を果たしているかなど、流通に関わる様々なトピックを学ぶ。
マーケティング・ベーシックスA 協力企業から提示されたマーケティング課題に対して、学生がチーム単位で課題解決に取り組むPBL(Project Based Learning)方式で行われる必須科目。マーケティング学科の新入生が、PBL方式の体験学習を通してマーケティング課題に挑戦することで、経営学やマーケティングに対する知的関心と問題意識を深めること、そして、今後の学生生活で各自が取り組むべき課題を知ることが期待される。
マーケティング・ベーシックスB 商品の生産から消費に至るまでの仕組みと、その仕組みを構成するさまざまな経済主体の役割や活動について具体的な事例をまじえながら解説する。また、適宜、前期のマーケティング・ベーシックスAで取り組んだタスクのキーポイントを取り上げ、それらを商学・流通論の視点から論理的にとらえるトレーニングを行う。
マーケティング論Ⅰ・Ⅱ マーケティングの基本的な考え方、分析手法、諸活動についての基礎知識を習得し、フィールドワークやケーススタディを通じてその理解を深める。その上で、実践的なマーケティング課題について、自分なりの問題の発見と解決策を導く能力の修得を目指す。

ACADEMIC CATALOG 授業要覧(科目一覧)

SYLLABUS 講義内容検索(シラバス)