TOP

研究科長あいさつ

経営学研究科長 安田 洋史 [Hiroshi Yasuda]

経営学研究科長 安田 洋史 [Hiroshi Yasuda]

研究科長あいさつ

 社会が高度化し複雑化する中で、組織のマネジメントを対象とする経営学の研究は、その領域を拡げながら発展を続けています。また実際に組織運営を実践しその活動を担う人にとって、次々と生じる諸課題を的確に把握し解決に導くために、より専門的な知識の獲得が求められています。こうした時代背景のもとで、青山学院大学大学院経営学研究科は、創造性豊かな優れた研究能力をもった経営学研究者の育成とともに、高度な専門的知識・能力をもった経営人材を育成することをその目標としています。
 本研究科では学部卒業生を対象とした一般入試や外国人留学生を対象とした留学生入試のほかに、社会人を対象とした入試制度があり、社会で活躍する第一線の実務家に新たな知識を提供し、それを実践にフィードバックする学びの場を提供しています。また世界税関機構と連携した英語のみを用いた学位取得プログラムがあり、これまでに世界50ケ国を超える国々からの留学生が学んできました。こうして多様な学生が集い交流することにより、お互いに啓発し合い新たな発想に繋げることのできる環境が生まれています。
 本研究科には経営、会計、IMCマーケティングの3つの分野があり、院生はそれぞれの分野を専門とする教員から直接の指導を受けながら、自らの研究テーマに沿った最先端の知識や理論を身に着けます。さらに自らの専門領域を軸にしつつも、既存の枠を超えた新しい知識を生み出し、そこから新たな価値を創造することのできる力を養います。こうしてスクールモットーである「地の塩、世の光」を体現した、広く社会に貢献する知のプロフェッショナルを育成するのが本研究科の目標です。常に時代を先導する研究力と教育力をもつ研究科を目指して、今後も着実な歩みを続けていきたいと思います。