TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

教育研究等環境の整備に関する方針

教育研究等環境の整備に関する方針

青山学院大学は、「青山学院教育方針」および「青山学院大学の理念」を実現するため、
以下のとおり教育研究等環境の整備に関する方針を定める。

  • 施設・設備

    学生の学修および教員の教育研究活動を推進するために、校地、校舎、施設および設備の維持管理ならびに安全性、利便性および衛生面を考慮し、効果的な環境整備に努める。

  • 図書館

    1)教育、研究および学修の支援のために、専門書、学術雑誌等の図書資料を広範囲に取り揃える。最新の学術情報を効率よく提供するために、データベース、電子ジャーナル、電子ブックの充実、利用者への情報提供サービス、学術情報の公開、国内外の教育研究機関との学術情報 相互提供システムの整備を行う。

    2)教育、研究および学修の多様なニーズに応えるために、情報環境、開館時間、座席数および閲覧エリア等の利用環境を整備する。

  • 情報環境整備

    1)ICTを活用した授業の支援および情報基礎教育の実施のために、教育研究システム等を管理運用する。
    2)教育、研究、学修および事務業務のために、ネットワーク等の環境基盤整備および運用体制を整備する。
    3)「学校法人青山学院情報セキュリティに関する規則」に基づき、情報の保全および管理を行う。

  • 語学教育設備環境

    学生の語学学修および授業支援のために、他部署とも連携し教育環境を整備する。

  • 研究機会

    1)教員の研究機会を保障するため、教員研究室等施設面の整備および研究費の確保に努める。また、「在外研究制度」「国内研究制度」「特別研究期間制度」の運用を図る。

    2)特色ある研究活動を積極的かつ効果的に推進するために、研究組織体系とその機能および研究サポート体制の整備と充実、補助金獲得の支援体制整備等の研究支援環境を強化する。

  • 研究倫理

    1)研究活動における不正行為および研究費不正使用の防止の取り組みとして、「青山学院大学研究活動における不正行為の防止の実施体制に関する規則」ならびに「青山学院大学公的研究費の運営、管理及び監査の実施体制に関する規則」を遵守し、これらの規則に基づく研修を定期的に行う。

    2)研究倫理を浸透させ、倫理的に違反する行為等に関する事前予防等を講ずるため、「青山学院大学利益相反及び研究教育倫理委員会規則」に基づき、利益相反に係る諸問題、研究教育倫理に反する行為等に関するマネジメント体制を堅持する。また、この規則の目的のために、「青山学院大学における利益相反及び研究教育倫理に関する指針」を策定し、これを周知する。

  • 教育研究支援体制

    教育の充実と研究の質の向上を図るために、諸規則に基づき、教室内外での教育補助者、研究および実験等の補助者、技術職員および授業補佐を行う非常勤助手等を配置し、教育研究支援体制の整備を行う。

  • 総合研究所

    本学の教育研究との有機的な関係のもとに広く学術を総合し、国内外の大学および研究機関との交流を図りつつ、社会と学術文化の進展に寄与することを目的とし、あわせて本学の教育研究の基礎を培い、その水準を高めるために総合研究所を置き、研究環境整備の一翼をになう。

  • 社会連携機構

    地域社会、国際社会、内外の行政組織・諸団体、企業および他大学等の学外諸機関との連携協力により、自らの教育研究活動を展開し、現代的な課題およびニーズに関わる諸事業の実施を通して、広く社会に貢献することを目的として社会連携機構を置き、その教育研究環境を整備する。