TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

都市領域としての渋谷-青山

青山学院大学 総合文化政策学部 総合文化政策学科<br> 教授 伊藤 毅 [Takeshi Ito]

青山学院大学 総合文化政策学部 総合文化政策学科
教授 伊藤 毅 [Takeshi Ito]

都市領域としての渋谷-青山

第1回 2019/6/15(土)

いまや東京を代表する現代都市として、先端的な情報発信と洗練されたファッションや食文化を提供する場として、多くの若者や観光客を吸引し続けている渋谷と青山は、東京オリンピックを翌年に控えてさらに大きな変貌を遂げようとしている。
 渋谷-青山がこうした都市の現代性を発揮し始めたのは、戦後1950年代頃からであり、渋谷は関東大震災以降国鉄や私鉄の一大ターミナルとして郊外から流入する多くの通勤者や学生、若者たちが集う一大繁華街として栄えはじめ、かつての道玄坂や宮益坂の町場に上書きされるように商業施設が集積していった。
 一方の青山は原宿のセントラルアパート(1958年)の誕生を契機として、ファッションデザイナーやクリエイティブな仕事を創出しようとする若者文化のメッカとなり、その活動は表参道から青山へと徐々に沁みだしていく。原宿にあったワシントンハイツの影響はやがて青山に及び、わが国初のアメリカ式スーパーマーケット紀ノ国屋が青山通りに開業し(1953年)、日本人のライフスタイルの現代化に大きな影響を与えた。青山が実質的に大きく変貌を遂げるのは、1964年の東京オリンピックであることは周知の通りであり、青山通りが旧来の幅員22メートルから40メートルに拡幅され、オリンピック道路として整備されることによって、周囲の景観は一変する。この機を捉えて青山に進出してきたのが、石津謙介率いるアイビーファッションの旗手VANであった。石津は当初原宿への出店を検討したようだが、ロジスティックの便利さと地形のよさから青山の地をメンズファッションの拠点として選ぶ。このVANの誕生は単にファッションにとどまらず、VANは青山の空室をどんどん借りて都市展開を遂げ、青山はVANタウンとして若者を吸引する場に変貌する。とくに1973年南青山三丁目にオープンしたVAN99ホールは、わずか99円で最先端のアートや音楽が体験出来る場として、先端的な都市文化を発信しつづけた。
 こうした都市の現代化のなかで、青山学院大学の果たした役割も無視できない。青山学院は明治16年に青山にて開校されるが、キャンパスの充実と拡大のなかで、多くの外国人宣教師がキャンパス構内はもとよりその周辺部にも居住したものと思われ、1960年代の住宅地図にはガレージを備えた外国人住宅が多く分布するようになる。彼らの存在もまた青山の現代都市化に一役を買ったはずである。石津がアイビーファッションを提案した時に、アメリカ東部のアイビーリーグと重なるようにして青学の存在を意識していたことは確かである。本講では、渋谷-青山の都市史と今後の展開を考えてみたい。

プロフィール

 青山学院大学 総合文化政策学部総合文化政策学科 教授
伊藤 毅[Takeshi Ito]


中央大学博士後期課程修了。博士(史学)。広島修道大学教授を経て、現在、青山学院大学経済学部教授。専門分野は日本経済史。
主な著書。『戦後、中手造船業の展開過程』(2002年)、『評伝大久保利通』(2008年)、『学び直し可能な社会と大学』(2011年)、『近代塩業と商品流通』(2012年)