TOP

冷戦終焉後30年の世界-何がどう変わったか(鉄のカーテン解放と欧州連合)

羽場 久美子 [Haba Kumiko]

羽場 久美子 [Haba Kumiko]

冷戦終焉後30年の世界-何がどう変わったか(鉄のカーテン解放と欧州連合)

第1回 2020/6/13(土)
青山学院大学 国際政治経済学部国際政治学科 教授
羽場 久美子[Haba Kumiko]

2019-20年は、冷戦終焉後30年31年となります。この30年間で、世界は大きく様変わりしました。冷戦の主役をつとめたアメリカとソ連の軍事的二極対立に代わり、30年後の現在はアメリカと中国の経済対立・情報戦、他方でGゼロ時代といわれるように、米、EU、中国やイギリス、ロシアが群雄割拠しているようにも見えます。
この講座では、日本の元駐アメリカ合衆国の特命全権大使、藤崎一郎大使、元中華人民共和国の特命全権大使、宮本雄二大使という、世界的にも著名なお二人をお迎えして、トランプのアメリカと中国北朝鮮関係、また激動する世界における中国の世界戦略を伺います。
また30年前まで冷戦の一極を担ったロシアのプーチン政権は今どうなっているのか、北方領土はどうなるのか、さらに19世紀から20世紀の近代世界を引っ張ってきた大英帝国はEUから出てどこへ向かうのか。またイギリス離脱後のEUの行方は?、ヨーロッパ統合は終焉を迎えるのか?さらに結束するのか?、などを題材に、冷戦とは、冷戦終焉とは何だったのか、冷戦終焉30年を迎え、日本と世界各国はどうなるのかを、アメリカ大使・中国大使と本学教授陣とで、共に考えていきます。世界を股にかけた論客ばかりの講座です。
ぜひ楽しみにしてください。

プロフィール

青山学院大学 国際政治経済学部国際政治学科 教授
羽場 久美子[Haba Kumiko]

1984年より、法政大学講師・助教授・教授を経て、2007年より現在青山学院大学国際政治経済学部教授。
現在、京都大学客員教授、プロジェクト教授。世界国際関係学会(ISA)元副会長、現在、ISA、アジア太平洋地域、副会長。世界国際関係史学会(CHIR )、日本代表理事。日本学術会議第1部元会員、現在、連携会員。
JAICOWS(女性科学研究者の環境改善に関する懇談会)会長、日本国際フォーラム参与、東アジア共同体評議会副議長。
専門は国際政治、欧州国際関係、移民・難民研究、EU研究、地域統合論、欧州とアジアの地域協力の比較研究。ナショナリズム研究。
主な著書に、『ヨーロッパの分断と統合ー拡大EUの境界線とナショナリズム―包摂か排除か』中央公論新社、2016年、

『21世紀、大転換期の国際社会ーいま何が起こっているのか?』法律文化社,2019、
『拡大ヨーロッパの挑戦ーアメリカを超えるパワーとなるか』中央公論新社、重版2014年、
『グローバル時代のアジア地域統合』岩波書店、2012年、
『アジアの地域協力ー危機をどう乗り切るか』明石書店、2018、
Resolving the Regional Conflicts and Building Peace and Prosperity, Tokyo, 2019、
The Unwinding of the Globalist Dream, EU, Russia and China,World Scientific, London, 2017、
『グローバル時代のアジア地域統合』岩波書店、2012。