TOP

オーケストラ団体におけるマーケティング

オーケストラ団体におけるマーケティング

第2回 2020/11/14(土)
青山学院大学 総合文化政策学部 非常勤講師
西村 啓太[Nishimura Keita]

 非営利組織におけるマーケティングは「アート・マーケティング」と呼ばれます。非営利組織であるオーケストラ団体におけるマーケティングも「アート・マーケティング」として位置付けられ、営利組織におけるマーケティングノウハウに準じる形で体系立てられています。
マーケティングにおいては、類似した特徴・ニーズを持つ顧客グループの存在を把握する「セグメンテーション」、その中で自社が狙うべき顧客層を検討する「ターゲティング」、その顧客層を獲得するための競合との差別性・価値提供の仕方を検討する「ポジショニング」を検討することが重要です。
非営利組織/オーケストラ団体においても、これら「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」を検討することがマーケティングの要点であり、そのためには基礎情報として顧客ニーズを把握するための定量調査・定性調査を実施することが必要です。
日本の非営利組織/オーケストラ団体においては、マーケティングのプランニングおよびその基礎情報としての定量調査・定性調査の推進が困難であるケースが往々にして見られる状況です。
本講義では、非営利組織/オーケストラ団体における具体的な定量調査・定性調査の事例を共有しつつ、調査から得られる示唆のマーケティングへの活かし方を説明します。

プロフィール

青山学院大学 総合文化政策学部 非常勤講師
西村 啓太[Nishimura Keita]

The University of York, M.Sc. in Environmental Economics and Environmental Management修了およびCentral Saint Martins College of Art & Design, M.A. in Design Studies修了。
㈱博報堂コンサルティングにてブランド戦略および事業戦略に関するコンサルティングに従事。㈱博報堂ネットプリズムの設立を経て、
2018年より㈱博報堂DYホールディングスにて事業開発に従事。
2019年より㈱Data EX Platform 取締役COOを兼務。
非常勤講師
・青山学院大学    ブランド戦略論    (2017年~)
・青山学院大学大学院 アート・マーケティング(2017年~)
・慶應義塾大学大学院 アート・マーケティング(2013年~)