TOP

LIVRES(BOOKS) 図書紹介:著書

Montaigne lecteur de la Cité de Dieu d’Augustin

久保田 剛史著(Honoré Champion、2019年3月刊)

  • Ce livre se propose d’étudier l’influence de saint Augustin sur l’écriture et la pensée des Essais et de déterminer l’originalité de Montaigne dans son interprétation et son adaptation de la Cité de Dieu. Tout en prenant en considération les contextes historique, culturel et idéologique de la Renaissance, ce travail montre non seulement l’importance de saint Augustin dans la formation des Essais, mais aussi la nouveauté de Montaigne dans l’histoire de la réception de la Cité de Dieu à la fin du XVIe siècle.

百科全書:世界を書き換えた百科事典 (世界を読み解く一冊の本)

井田 尚著(慶應義塾大学出版会 、2019年刊)

  • シリーズ「世界を読み解く一冊の本」(全10巻)第5弾 革命神話と啓蒙神話に由来する紋切り型のイメージから離れて、ディドロとダランベールが構想した百科事典としての本来の姿に立ち戻ることで見えてくる景色とは? 『百科全書』の書物としての成り立ちをたどり、その知識の森へと案内する。

ミシェル・フーコー、経験としての哲学: 方法と主体の問いをめぐって

阿部 崇著(法政大学出版局、2017年刊)

  • フーコーの思考の変動を動態的に描き出し、その《哲学》とともに新たなフーコーを誕生させる。

徹底整理フランス語 動詞のしくみ

久保田剛史 / 高橋信良著(白水社、2015年刊)

  • 基本動詞55の全活用パターンと全音源収録!法や時制のしくみ、基本熟語と用例、詳細な索引……動詞のポイント全てを徹底的に整理。

フランス動詞60 ―活用・用法・索引―

久保田剛史 / 高橋信良 / 井上櫻子著(朝日出版、2015年刊)

  • 法や時制の仕組みといった動詞の基本的用法についても解説を加え、初級文法はもちろん会話や講読など、あらゆる授業に使用できる便利な副教材。

フランス演劇の誘惑─ 愛と死の戯れ ─

秋山 伸子著(岩波書店、2014年刊)

科学思想史

井田 尚 他著(勁草書房 2010年刊)

Genèse d’une morale matérialiste ―les passions et le contrôle de soi chez Diderot

井田 尚著(Honoré Champion 2001年刊)

Georges Bataille La perte, le don et l’écriture

濱野 耕一郎著(Edition Universitaire de Dijon 2004年11月刊)

日本語の森を歩いて

フランス・ドルヌ / 小林 康夫著(講談社現代新書 2005年 8月刊)