TOP

地球社会共生のためのシャローム

編著者 藤原淳賀、真鍋一史、高橋良輔
刊行年月日 2020年3月
出版社 ミネルヴァ書房
価 格 3,000円
プロジェクト名 多元共生の思想と動態:現代世界におけるエイレーネーの探求
所属研究部 キリスト教文化研究部
目 次 まえがき

 

第Ⅰ部 シャロームの理論

 

第1章シャロームについて(藤原淳賀)

1 キリスト教社会倫理学

2 キリスト教社会倫理と平和主義

3 シャローム(平和)

4 まとめ

 

コラム

シャローム・モデル(東方敬信)

 

第2章ポスト・グローバル時代の空間秩序像 高橋良輔

1 ポスト-ポスト冷戦期をめぐる言説パターン

2 ポスト冷戦秩序のグローバリティ

3 「ポスト・アメリカ」から地域主義へ)

4 地政学への回帰

5 未来としての過去?

 

第3章インターネットによる口語化と平和(樺島榮一郎)

1 戦争とメディア

2 口語文化とは何か

3 インターネットは口語化しているのか

4 口語化とシャローム(平和)

 

第Ⅱ部 シャロームの実証

 

第4章宗教多元主義の方向と平和の探求(真鍋一史)

1 西洋社会における宗教と道徳の変化

2 欧米の宗教社会学における理論と仮説

3 宗教意識の変化に関する諸仮説の実証的なテストの方法

4 データ分析の結果の読み取り

5 道徳の変化に関する理論・仮説とその実証的なテスト

6 「経験理論」から「規範理論」へ

 

第5章タイにおける仏教団体への信頼とその変化(小堀 真)

1 タイ社会と宗教

2 世界価値観調査データを用いた計量的アプローチ

3 「信頼する団体」における規定構造の変化(2007~13年)

4 タイ社会の分断とタイの仏教のこれから

 

第6章メディア教育と共生(菊池尚代)

1 エンパワーメント:メディアの有効活用

2 プロテクション:メディアの危険性

3 グローバルな視点で

 

第Ⅲ部 シャロームの実践

 

第7章人間の安全保障の視座からの地球共生(福島安紀子)

1 地球社会の分断と共生

2 人間の安全保障と共生

3 共生への道

4 共生への共通言語としての文化・芸術・スポーツ

5 地球社会の共生と人間の安全保障

 

第8章現実の中で「生きる」ための実践(齋藤大輔)

1 問題意識

2 内なる他者としての山地民

3 変化する環境,変化しない周縁性

4 現実に「生きる」ために

5 実践から学ぶことの意義

 

第9章教育と共生(橋本彩花)

1 シャロームとの関わり

2 国際的動向

3 日本における共生と教育

4 日本における共生と教育の実践

5 教育の役割

 

あとがき

 

索引