TOP

岡部篤行教授が国際地理学連合「桂冠名誉賞」受賞

NEWS

POSTED

2018.08.15

TITLE

岡部篤行教授が国際地理学連合「桂冠名誉賞」受賞

CATEGORY

2018年8月10日、カナダのケベックで開催された国際地理学連合(IGU)大会において、本学部の岡部篤行教授が「桂冠名誉賞」を受賞しました。

1922年に設立された地理学に関する世界最大規模の学術連合である国際地理学連合(International Geographical Union:以下、IGU)の「桂冠名誉賞」(Laureat d’honneur awards)は、国際的規模で地理学の発展に貢献し、また同連合の活動に顕著な役割を果たした人に与えられる賞です。

岡部教授は、IGUの日本国委員会、IGUの数学的モデル研究委員会、国際地理情報科学会議、欧州地理情報システム協会に大きな貢献をし、またIGU京都国際地理学会議の組織化や日本の地理情報システム学会の組織化にも大きな役割を果たし、アジアの地理情報学会を含む国際的な学術交流を大きく推進しました。これまでに11の国際的地理学術誌の編集長や編集委員を務め、著書には、5,900以上の国際学術誌で引用されているSpatial Tessellations、ワールドブック賞を得たIslamic Area Studies with GIS、地理的分析の新開地を開いたSpatial Analysis along Networks などがあります。2007年には米国地理学会で岡部氏を称える集会も行われました。

原文

Professor Atsuyuki Okabe has contributed greatly to the IGU National Committee (Japanese representative), IGU Mathematical Models Commission (full member), International GIScience Conference, Association of Geographic Information Laboratories in Europe (AGILE). He played an extraordinary role in organizing Kyoto IGU Conference, which was highly successful, as well as in the GIS Association of Japan, which promoted substantial international exchange, including with other Asian GIS Associations. He has served as an editor or editorial board member of 11 international geographical journals. His books include Spatial Tessellations, which has been cited in more than 5,600 international papers; Islamic Area Studies with GIS was awarded the World Book Prize; and Spatial Analysis along Networks opened a new frontier in geographical analysis. Sessions in honour of Professor Okabe have been held at the AAG. He is a deserving recipient of an IGU Laureat d’Honneur Award for 2018.

(2018.08.15)