TOP

fan×fun学生ボランティア愛好会の活動が東京キワニスクラブの「第36回青少年教育賞 最優秀賞」を受賞しました

NEWS

POSTED

2021.12.13

TITLE

fan×fun学生ボランティア愛好会の活動が東京キワニスクラブの「第36回青少年教育賞 最優秀賞」を受賞しました

CATEGORY

「fan×fun学生ボランティア愛好会」は、本年9月一般社団法人東京キワニスクラブの「第36回青少年教育賞 最優秀賞」を受賞しました。
この賞は、青少年の健全な育成もしくは国際的な活動に努める個人や学生ボランティア団体に対し、活動の一層の発展を支援するために贈られています。

本団体は、2016年にGSC 2期生によって設立され、現在ではGSC生のみならず相模原キャンパスの各学部生が相模原市の地域づくり及びフィリピン・セブ島のスラム街の子どもたちの教育支援のボランティア活動に取り組んでいます。コロナ禍により、fan×funの支援先であるフィリピン・セブ島への渡航ができなくなりましたが、これまでのフィリピンでの支援活動の経験を活かし、オンラインによる教育支援活動に取り組んだことを評価していただきました。具体的には、相模原市の子どもたちに向けて、子どもたちの「好きなもの」を軸にして将来の夢をともに考えるワークショップを行いました。

今回は、私が関わっているフィリピン・セブ島プロジェクトでの経験を活かしたボランティア活動を評価いただくことができ、他のメンバーたちとともに励まされる思いです。日本でのオンラインの活動においても、子どもたちの輝く笑顔に出会えたことが強く印象に残っています。

現地でのボランティア活動を再開できることを祈りつつ、これからも、fan×funのモットーである「楽しさで背中を押すような風を」絶やさないよう、いま私たちができることに尽力していきたいと考えています。

fan×fun学生ボランティア愛好会 運営メンバー:西村 公伽(GSC 5期生)

東京キワニスクラブ 「活動レポート」 Vol.40、2021年12月発行

「fan×fun学生ボランティア愛好会」は、本年9月一般社団法人東京キワニスクラブの「第36回青少年教育賞 最優秀賞」を受賞しました。
この賞は、青少年の健全な育成もしくは国際的な活動に努める個人や学生ボランティア団体に対し、活動の一層の発展を支援するために贈られています。

本団体は、2016年にGSC 2期生によって設立され、現在ではGSC生のみならず相模原キャンパスの各学部生が相模原市の地域づくり及びフィリピン・セブ島のスラム街の子どもたちの教育支援のボランティア活動に取り組んでいます。コロナ禍により、fan×funの支援先であるフィリピン・セブ島への渡航ができなくなりましたが、これまでのフィリピンでの支援活動の経験を活かし、オンラインによる教育支援活動に取り組んだことを評価していただきました。具体的には、相模原市の子どもたちに向けて、子どもたちの「好きなもの」を軸にして将来の夢をともに考えるワークショップを行いました。

今回は、私が関わっているフィリピン・セブ島プロジェクトでの経験を活かしたボランティア活動を評価いただくことができ、他のメンバーたちとともに励まされる思いです。日本でのオンラインの活動においても、子どもたちの輝く笑顔に出会えたことが強く印象に残っています。

現地でのボランティア活動を再開できることを祈りつつ、これからも、fan×funのモットーである「楽しさで背中を押すような風を」絶やさないよう、いま私たちができることに尽力していきたいと考えています。

fan×fun学生ボランティア愛好会 運営メンバー:西村 公伽(GSC 5期生)

東京キワニスクラブ 「活動レポート」 Vol.40、2021年12月発行