TOP

「詩の街ゆざわ2020」短歌会で小舟 萩さん(文学部日本文学科3年)の作品が佳作に入選

NEWS

POSTED

2020.09.19

TITLE

「詩の街ゆざわ2020」短歌会で小舟 萩さん(文学部日本文学科3年)の作品が佳作に入選

CATEGORY

文学部日本文学科の日置俊次教授ゼミナールに所属する日本文学科3年の小舟 萩(あき)さんの作品が、「詩の街ゆざわ2020」第9回短歌会(ゆざわ小町商工会女性部主催、秋田県湯沢市後援)で佳作に入選しました。

六歌仙、三十六歌仙に数えられ、世界三大美女ともいわれる美しさと知性を兼ね備えた「小野小町」の生涯の多くは謎に包まれていますが、秋田県湯沢市小野地区では、小町生誕から終焉までの様々な伝説が古くから語り継がれており、「小野小町」にちなんだ「詩の街ゆざわ」短歌会を2012年から催行しています。

なお、日置ゼミではさまざまな短歌コンクールにおいて、毎年入賞者を輩出しています。

<入選作品>

もう会えぬ祖父が近くにいるように金木犀がただ香る夜

関連情報