TOP

文学部日本文学科の学生6名の作品が「第15回全日本学生・ジュニア短歌大会コンクール」で入賞

NEWS

POSTED

2021.09.24

TITLE

文学部日本文学科の学生6名の作品が「第15回全日本学生・ジュニア短歌大会コンクール」で入賞

CATEGORY

「第15回全日本学生・ジュニア短歌大会」(主催:日本歌人クラブ、後援:文化庁・毎日新聞社・東京都教育委員会)高校・大学生の部において、文学部日本文学科日置俊次教授ゼミナール所属の小舟萩さん(日本文学科4年)、田口陽香留さん(日本文学科3年)が〈選者賞〉を、朝原拓海さん(日本文学科3年)が〈秀作賞〉を、松本のぞみさん(日本文学科3年)、三井らんさん(日本文学科3年) が〈優良賞〉を、牛山尚さん(日本文学科3年)が〈奨励賞〉を受賞しました。

「全日本学生・ジュニア短歌大会」は、ジュニア短歌の育成を目的として開催され、毎年8,000首以上の応募がある学生を対象とした日本最大規模の大会です。日置ゼミでは、選者賞をはじめとして毎年上位入賞者を生んでいます。

日置ゼミでは長年にわたり、本大会のほか、さまざまな短歌コンクールにおいて入選者を輩出しています。

【選者賞(藤原龍一郎賞)】小舟萩(文学部日本文学科4年)

最寄駅みたいな安心感なのだあなたの纏う空気すべては

【選者賞(黒岩剛仁賞)】田口陽香留(文学部日本文学科3年)

自転車を漕ぐ、もっと漕ぐ。風を切る、空を宇宙を、過去を振り切る

【秀作賞】朝原拓海(文学部日本文学科3年)

十二色ぜんぶ使って線を引く子どもの虹に嫉妬している

【優良賞】松本のぞみ(文学部日本文学科3年)

雨の日はぼくが太陽だれよりも眩しい赤の傘で駆け出す

【優良賞】三井らん(文学部日本文学科3年)

テラス席で今日の青空飲み干そう白く雪浮くソーダフロート

【奨励賞】牛山尚(文学部日本文学科3年)

宵闇を切り裂き進む一条の流星みたいな車窓の明かり

選者賞(藤原龍一郎賞)を受賞した小舟萩さん(文学部日本文学科4年)

選者賞(黒岩剛仁賞)を受賞した田口陽香留さん (文学部日本文学科3年)

秀作賞を受賞した朝原拓海さん(文学部日本文学科3年)

優良賞を受賞した松本のぞみさん(文学部日本文学科3年)

優良賞を受賞した三井らんさん(文学部日本文学科3年)

奨励賞を受賞した牛山尚さん(文学部日本文学科3年)

関連情報