TOP

浄瑠璃人形を参考にしたロボット「OSONO」によるリモート演技システムをオンライン公開

NEWS

POSTED

2021.07.27

TITLE

浄瑠璃人形を参考にしたロボット「OSONO」によるリモート演技システムをオンライン公開

CATEGORY

中川幸子助手(青山学院大学附置情報メディアセンター)は、2021年7月30日(金)開催の文部科学省ユニバーサル未来社会推進協議会ロボットショーケース、RSi・芝浦工業大学グループにおいて、「コミュニティサービスロボット」のコンセプトのもと、4つの拠点からインターネットを介して異種複数ロボットで配信するオンライン見学の実証実験で、浄瑠璃人形を参考にしたロボット「OSONO」のリモート演技システムを、青山学院大学相模原キャンパスからオンライン公開します。また、コミュニティサービスロボットのサーバー基盤は、青山学院大学附置情報メディアセンターがホスティングします。

浄瑠璃人形を参考にしたロボット「OSONO」は、成田雅彦名誉教授(東京都立産業技術大学院大学)が開発し、中川助手がロボットに着脱可能な着物を考案しました。現在は、"サービスロボットは人を惹きつけるか?"をテーマに、この「OSONO」ロボットを用いて、人形浄瑠璃の技能(人形のしぐさや操法のわざ、演出の手順など)を、サービスロボットの身体性へとりいれる手法を研究しています。本実証実験では、国指定重要無形民俗文化財「相模人形芝居下中座(神奈川県小田原市)」による「艶容女舞衣-酒屋の段-」の上演を撮影し、そのシーンの一つを分析して抽出したしぐさ・動作をもとに実装しています。

・文部科学省ユニバーサル未来社会推進協議会ロボットショーケース
・2021年7月30日(金)13:00-16:00
・オンライン開催(Zoom)
・全8機関が先端ロボット研究成果を、オンライン発表、デモンストレーションを公開します。

関連情報