TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

コミュニティ人間科学科

コミュニティ人間科学科

コミュニティ創造をリードする人材を養成します

 コミュニティ人間科学部は、コミュニティ人間科学科のみから成り立っています。それゆえ、学科は、実質的には学部と同じだと考えられます。
 学生には、1年の基礎演習、2年の応用演習、3年の専門演習、4年の卒業研究というように、少人数での学習機会が用意されており、さらに、地域実習によって、地域の現実に触れるようなカリキュラムが用意されています。そこでの学習は、常に同じメンバーでというわけではなく、さまざまな学生との交流が可能になります。
 コミュニティ人間科学会という、学内学会が設置されています。これは、学生を交えて研究を進め、その発表の場を確保しようとするものです。教員のみならず、学生もその重要な担い手になります。卒業研究の発表や、地域実習の実施とその成果物づくりなどにも関係します。学生生活全般に、大学らしく研究的な観点から関わる組織であるといえます。
 コミュニティ活動研究所という研究組織も附置されています。これは、全国各地の地域で展開されている地域活動・コミュニティ活動の事例を収集・蓄積し、各地の活動団体等との交流の拠点としての活動を行い、研究活動を進めていくための組織です。もちろん、地域実習にも、大いに貢献する組織です。ここでは、教員の研究成果を発表する場を作り、成果物を通じて、全国各地の研究機関・活動団体等との交流を深めることが考えられています。研究所の活動が、学生の学習に貢献することはもちろんのことです。