TOP

Page BackLearning at AGU

青山学院大学にある11学部・27学科では、
専門性の高い多様な研究が行われており、
人と社会に役立つことが期待される数々の成果が生まれています。
ここでは、日々研究に打ち込む学生へのインタビューを通して
各学科の魅力をお伝えします。
※法学部ヒューマンライツ学科2022年4月開設予定

文学部College of Literature

歴史・思想・言葉を基盤として、国際性豊かな5学科の専門性に立脚した学びを追究。
人間が生み出してきた多種多様な知の営みにふれ、理解を深めることで、幅広い見識と知恵を育みます。「人文知」体験によって教養、知性、感受性、表現力を磨き、自らの未来を拓く「軸」を形成します。

英米文学科

Student’s Voice学生による学科紹介

フランス文学科

Student’s Voice学生による学科紹介

日本文学科

Student’s Voice学生による学科紹介

比較芸術学科

Student’s Voice学生による学科紹介

教育人間科学部College of Education, Psychology and Human Studies

教育学科・心理学科を連携させながら、“人間”をさまざまな角度から学ぶ多彩な講義や、理論を実践する演習や実習を展開しています。
理論的かつ実践的なアプローチの反復によって、人間への理解をより深く追究。現代社会や人間の諸問題を読み解く高度な専門性と、自ら行動するための課題解決能力・自己教育力を育成します。

教育学科

Student’s Voice学生による学科紹介

心理学科

Student’s Voice学生による学科紹介

経済学部College of Economics

経済とは人々が生存していくことであり、多様な要因にもとづいて成り立っています。それゆえ、その理解には幅広い視野が求められます。
経済学部には、このような経済を学ぶ場として多様なテーマの研究が蓄積されており、公正な社会の創造をめざして本質を理解し論理的に行動する力を育成します。

経済学科

Student’s Voice学生による学科紹介

現代経済デザイン学科

Student’s Voice学生による学科紹介

法学部Faculty of Law

AOYAMA LAWの通称をもつ法学部には、「法学科」に加え、新たに設置予定の「ヒューマンライツ学科」(※2022年4月開設予定)があります。
法学科は、基本的な法律科目から多彩な選択科目まで、豊かで系統的な法知識と、それを現実に適用する技能を身につけます。ヒューマンライツ学科は、人権問題の解決のためという目的意識をもって、法および隣接分野を学びます。

法学科

Student’s Voice学生による学科紹介

ヒューマンライツ学科
※2022年4月開設予定

Student’s Voice学生による学科紹介

経営学部School of Business

経営学科・マーケティング学科の2学科が連携し、会計、商学、ファイナンス、データ科学といった経営に関わる諸テーマを広範かつ体系的に学ぶことが可能です。
国際化とデジタル化の進展に対応すべく、語学力やデータ分析力の習得にも注力し、国際的な視野で時代を切り拓くマネジメントスキルを育成します。

経営学科

Student’s Voice学生による学科紹介

マーケティング学科

Student’s Voice学生による学科紹介

国際政治経済学部School of International Politics, Economics and Communication(SIPEC)

国際政治経済学部は国際社会への貢献を掲げ、国際系学部の草分けとして創設されました。3学科×5コース体制のもと、専門性と国際性、現場感覚を重視した学びを実践しています。
グローバルレベルの課題への理解を深め、エビデンスにもとづいて議論・討論するスキルを養成します。世界の多様な人々と協働し、新たな価値を創造する実践力を育みます。

国際政治学科

Student’s Voice学生による学科紹介

国際経済学科

Student’s Voice学生による学科紹介

国際コミュニケーション学科

Student’s Voice学生による学科紹介

総合文化政策学部School of Cultural and Creative Studies(SCCS)

総合文化政策学部では “文化の創造(creation)”を理念に、文化力と政策力を総合した学びを探究。芸術・思想・都市・メディアなどの広範な領域を研究対象とし、各現場での“創造体験”とともに知を深めていくチャレンジングな学部です。
新たな価値を創出するマネジメント力とプロデュース力、世界への発信力を備えた人材を育成します。

総合文化政策学科

Student’s Voice学生による学科紹介

理工学部College of Science and Engineering

数学、物理、化学といったサイエンスと、テクノロジーの基礎から最先端を学ぶ環境を整備しています。
国際レベルの研究に取り組む教員のもと、最新設備を駆使した実験、演習、研究活動の場を提供するとともに、独自の英語教育を全7学科統一で実施。未来志向のカリキュラムにより、一人ひとりの夢と可能性を大きく広げます。

物理科学科

Student’s Voice学生による学科紹介

数理サイエンス学科

Student’s Voice学生による学科紹介

化学・生命科学科

Student’s Voice学生による学科紹介

電気電子工学科

Student’s Voice学生による学科紹介

機械創造工学科

Student’s Voice学生による学科紹介

経営システム工学科

Student’s Voice学生による学科紹介

情報テクノロジー学科

Student’s Voice学生による学科紹介

社会情報学部School of Social Informatics(SSI)

現実の社会には文系・理系の境界はなく、さまざまな社会的課題を解決するため本学部においても “文理融合”の学びを追究しています。
文系の「社会科学」「人間科学」と、理系の「情報科学」の各専門領域をつなぎ、各分野の“知”を“融合知”に高めるカリキュラムを整備。新たな価値を創造し、社会へ飛び立てる力を育みます。

社会情報学科

Student’s Voice学生による学科紹介

地球社会共生学部School of Global Studies and Collaboration(GSC)

本学部(GSC)では、世界中の人々と共に生きるための専門知と実行力を備えた人材育成をめざします。
激動する世界を視野に「地球社会」の多様性に触れ、異文化理解を深める幅広い学びを展開。専門4領域を中心として海外留学や英語教育などの充実を図り、Global Issuesを共に解決し協働できる「共生マインド」を養います。

地球社会共生学科

Student’s Voice学生による学科紹介

コミュニティ人間科学部College of Community Studies

本学部では、日本国内の地域に着目した社会貢献を追求。地域文化とそこに暮らす人々の理解を深め、より良いコミュニティ創造に寄与する力を培います。
幅広い知識の学び、体験し行動するプログラムを通じて、自ら課題を発見・解決し、地域の人々との互助・共助のもとにコミュニティの未来を拓く力を育成します。

コミュニティ人間科学科

Student’s Voice学生による学科紹介

AOYAMA STANDARD

なぜ、青山学院大学の教養教育は
「青山スタンダード」なのか。

さまざまな問題を複眼的に捉え、自分たちの未来を主体的に決めていくために総合的な価値判断ができる「良き市民(good citizen)」を育成すべく、本学では「青山スタンダード」という全学共通教育システムを確立しています。青学生として、所属学部・学科にかかわらず一定範囲の知識・教養と一定水準の技能・能力を備えているという社会的評価を受けることを到達目標としています。

1青学生に相応しい
現代社会に必要な教養と
技能を身につける

例えば、AIのあり方を考える際に人権や倫理の知識が必要であるように、1つの専門性だけではとらえきれない事象が多く存在します。これからの学びでは、そうした事象に、文理の枠にとらわれず幅広く総合的な知見からアプローチすることが重要視されています。さまざまな事象や課題に対応できる学際融合教育を推進するために、青山スタンダードが誕生しました。卒業後の社会で活躍できるよう、青学生として身につけるべき教養と技能の獲得を約束します。

2異なる学問や異分野の仲間との「出会い」が
複眼的な視野を養い、多様性を理解し、
あなたの可能性を最大限に拓く

「青山スタンダード」の魅力は、教養・技能の獲得のみにとどまりません。学問を通じて、新たな価値観や伝統的な思想、これまで知り得なかった異なる学問に出会えること、そしてその機会を4年間、自由に得られることにあります。学部学科の専門科目で「専門性」を磨きながら異分野の仲間と出会うことで、自ずと「自分とは異なる考え」に気づくことができるでしょう。「青山スタンダード」で学ぶ教養・技能が、学部学科の専門科目での学びを進める支えとなり、知的好奇心を刺激し自由に学び、探究する。その知性あふれる行動があなたの可能性を拓くのです。

青学生としての成長と広がり (専門教育)所属する学部・学科の科目 基礎や概論を中心に学ぶ→専門分野を深く探究する (教養教育)青山スタンダード科目/ 専門性×多角的視点 青山スタンダードで「教養・技能を広く」、所属する学部・学科で「専門分野を深く」学ぶことで複雑な現代社会を生き抜く力を獲得します。
Page Back