TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

研究について

研究について

電気電子工学科では

・ダイヤモンドから高分子まで、21世紀のエレクトロニクス材料の研究とデバイス開発を行う結晶工学研究室(澤邊 厚仁教授、児玉 英之助教)

・電波の吸収、シールド、人体影響、ミリ波帯における材料定数測定、並列計算機を用いた数値計算法、マイクロ波用デバイス、を研究する生体・環境電磁工学研究室(橋本 修教授、須賀 良介助教)

・インバータなどの電力変換器とその応用に関する研究を行っているパワーエレクトロニクス研究室(林 洋一教授、大道 哲二助教)

・情報圧縮、秘匿、誤り制御等の広い意味での通信に関した研究を行っている情報・通信研究室(地主 創教授)

・新しい電子回路技術の開拓とそれを応用した機器の実現をめざす電子回路応用研究室(松谷 康之教授、井岡 惠理助教)

・ロボットから人工衛星まで様々なシステムの制御理論と応用に関した研究を行っているシステム制御研究室(米山 淳教授、星野 健太助教)

・光エレクトロニクスとバイオを融合した新しいデバイスの開発に取り組む先端素子材料工学研究室(黄 晋ニ准教授)

・10億分の1メートルという原子の大きさに匹敵するミクロな世界で起きる不思議なサイエンスを探索しているナノエレクトロニクス研究室(春山 純志准教授)

・光ネットワークや光センシングにおける光デバイス作製およびシステム応用に関する研究を行っている光量子エレクトロニクス研究室(外林 秀之准教授)

・感情・ストレス・嗜好・感性等を測る生体計測技術を開発してロボット・自動車・情報通信機器等へ応用する研究を行っている生体計測・感性工学研究室(野澤 昭雄准教授)

・半導体ナノ構造やガラス蛍光体等の光電子材料開発技術を磨き、世の中に無い新しいデバイスの実現を目指す固体物性工学研究室(渕 真悟准教授)

といった幅広い分野の研究室のいずれかで研究することができます。

各研究室では、自ら行動を起こし関わっていくことで、各分野の最先端にふれることができます。また研究の進め方、実験の方法、論文のまとめ方、発表時のプレゼンテーションの仕方などを学ぶこともできます。