TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

総合文化政策学部「映像翻訳ラボの軌跡」上映会と公開セミナー

EVENT

SCHEDULED

2018.6.9

TITLE

総合文化政策学部「映像翻訳ラボの軌跡」上映会と公開セミナー

CATEGORY

映像翻訳ラボの軌跡
総合文化政策学部創設10年記念事業関連企画

青山学院大学総合文化政策学部には「映像翻訳ラボ」という学生たちによる字幕翻訳チームがあります。
2010年からこれまでに22本の字幕を制作し、各種映画祭やイベントでの上映を実現してきました。
総合文化政策学部創設10周年にあたり、「映像翻訳ラボの軌跡」と題して、その活動を振り返り、またその拡張としてメディアを考えるイベントを2部構成で催します。

日時 2018年6月9日(土)13:00~18:30 (開場 12:40)
場所 青山学院アスタジオ(地下ホール)

(大学の敷地内ではありません。青山通りの反対側にある独立したビルですので、ご注意ください。)

会場へのアクセスはこちら

参加費 無料
申込方法 先着順。予約不要。
定員 約100名  ※入場者多数の場合は先着順で締め切ることがあります。
その他 その他詳細は次のリンクよりご確認ください。

詳細はコチラ

主催 総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」(宮澤淳一研究室)
NOTE
  • 総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」
    (The Student Visual Media Translation Team, School of Cultural and Creative Studies, Aoyama Gakuin University)

    青山学院大学総合文化政策学部の現役学生たちによる字幕翻訳チーム。
    同学部のプロジェクト型実習授業「ラボ・アトリエ実習」の1つ「映像翻訳を通じて世界と関わる(担当教員:宮澤淳一)の略称・運営組織で、日本映像翻訳アカデミーの指導協力のもと、2010年からこれまでに22作品の字幕を作り、UNHCR難民映画祭や各種イベントでの上映を実現してきた(6月のショートショートフィルムフェスティバル&アジアでは、23番目の『サイレントチャイルド』が上映される)。
    毎年秋には、映画祭で担当した作品の大学での自主上映会も行ない、総合的なプロジェクトとしてのイベント企画・運営のノウハウも学んでいる。
    今年度の履修生は,計13名 (2年生6名、3年生7名)。