TOP

出岐雄大選手と大谷遼太郎選手が「2012国際千葉駅伝」日本学生選抜チームに出場し総合5位でゴール

NEWS

SCHEDULED

2012.11.24

TITLE

出岐雄大選手と大谷遼太郎選手が「2012国際千葉駅伝」日本学生選抜チームに出場し総合5位でゴール

CATEGORY

陸上競技部(長距離ブロック)の出岐雄大選手(社会情報学部4年)と大谷遼太郎選手(国際政治経済学部4年)が、11月23日(金・祝)に行われた「2012国際千葉駅伝」(42.195km)に日本学生選抜チームで出場し、参加国13か国を含めた15チーム出場のうち、総合5位(記録:2:09:31)でゴールしました。上位の結果は、1位ケニヤ、2位日本代表、3位アメリカでした。

出岐選手は全6区間のうち男子区間の5区(10km)を走り区間8位(記録 30:11)、大谷選手は1区(5km)を走り区間7位(記録 14:04)の成績でした。
本大会は両選手にとって、2013年1月2・3日開催の箱根駅伝に向けた調整の中で行われたレースでした。

原晋監督からは、「オリンピックのメダリストたちと同じ土俵で戦えたのは、今後の彼らにとって非常にいい経験になったと思う。この経験を次の大会(箱根駅伝)で活かしてほしい。」というコメントがありました。

貴重な経験をした出岐選手と大谷選手の今後の成長が注目されます。
また、国際大会を経験し、上を目指す意識が高まった出岐選手や大谷選手に刺激を受けたチームメイトたちの箱根駅伝での活躍が期待されます。
多くの皆さんのご声援をお願い申し上げます。

関連情報