TOP

経営学部経営学科3年の戸田圭亮さんと新原里奈さんが、松山市主催「第14回学生による政策論文『優秀賞』」を受賞

NEWS

POSTED

2013.01.15

TITLE

経営学部経営学科3年の戸田圭亮さんと新原里奈さんが、松山市主催「第14回学生による政策論文『優秀賞』」を受賞

CATEGORY

経営学部経営学科3年の戸田圭亮さんと新原里奈さんが、松山市主催「第14回学生による政策論文」において「優秀賞」を受賞しました。
同論文募集事業は、「一人でも多くの人を笑顔に 国に誇れる、わがまち松山」を実現するため、学生にまちづくりや行政に関心をもってもらい、寄せられた提案をまちづくりや市民生活の向上に活かすことを目的として実施されています。

戸田さんと新原さんの提案論文は、「大街道のみかんに関する提案」で、自転車の規制によってにぎわいを失った市民生活の中心である「大街道」の環境を改善することにより、大街道に活気を取り戻すというものです。
具体的には、愛媛の特産物である「みかん」を大街道に植えて、自転車道路と歩行者道路を分断し、ベンチを置くことによって市民を大街道に連れ戻すとともに、新たな観光スポットとして観光客も引き込むといった提案です。
戸田さんと新原さんの論文は、「提案が優れていたこと」「実現性の高さ」等が評価され「優秀賞」受賞にいたりました。

今回の募集では、161件の応募があり、最優秀賞1件、優秀賞2件、佳作2件、アイディア賞2件が選ばれました。
なお、11月30日(金)、松山市の「坂の上の雲ミュージーアム」にて表彰式が行われました。

関連情報