TOP

第7回「全日本学生・ジュニア短歌大会」で文学部日本文学科「現代短歌ゼミ」(日置俊次教授)の学生4名の作品が秀作賞等に入賞

NEWS

SCHEDULED

2013.9.11

TITLE

第7回「全日本学生・ジュニア短歌大会」で文学部日本文学科「現代短歌ゼミ」(日置俊次教授)の学生4名の作品が秀作賞等に入賞

CATEGORY

第7回「全日本学生・ジュニア短歌大会」(主催:日本歌人クラブ、後援:文化庁・毎日新聞社)高校・大学生の部において、文学部日本文学科日置俊次ゼミ所属の柿山芽衣さんを始めとする本学学生4名が、下記のとおり入賞しました。
日置ゼミでは、本大会をはじめとし、さまざまな短歌コンクールにおいて入賞者を輩出しています。
「全日本学生・ジュニア短歌大会」は、ジュニア短歌の育成を目的として開催される全国規模の大会です。

2013年9月21日(土)、明治神宮参集殿において、表彰式が行われます。

  • 秀作賞    柿山芽衣さん (日本文学科3年)

    紙をくりまぶたの裏で旅をした本さえあればどこへでも行ける

  • 秀作賞    仁多見朋緒さん (日本文学科4年)

    さみどりのキャベツをほどく恋人の眼が見つめてるむきだしのわれ

  • 奨励賞    市川星里奈さん (日本文学科3年)

    「ねえあのね」話しかけてもだんまりの眼鏡は本を読み続けてる

  • 奨励賞    上岡 信貴さん (日本文学科3年)

    うわついた恋は水物ゆっくりと沈めて見たい試験管の中