TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

福﨑誠勝さんらがThe International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV 2019) で「Best Poster Paper Award」受賞

NEWS

SCHEDULED

2019.5.10

TITLE

福﨑誠勝さんらがThe International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV 2019) で「Best Poster Paper Award」受賞

CATEGORY

福﨑誠勝さん(受賞当時、理工学部情報テクノロジー学科4年)、伊東聖矢さん(受賞当時、理工学研究科理工学専攻知能情報コース博士後期課程1年)、金子直史助手(理工学部情報テクノロジー学科)、鷲見和彦教授(理工学部情報テクノロジー学科)の論文"Robot Grasp Planning with Integration Map of Graspability and Object Occupancy” が2019年2月20日(水)~2月22日(金)、大韓民国の江陵市で開催されたThe International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV 2019)で 「Best Poster Paper Award」を受賞しました。

この発表は、物流分野で大きな期待がかかるピッキングロボットが、物体を取り落としにくい掴み方を見つける視覚情報処理に関する研究成果です。二本の指で掴みやすく、かつ、物体の重心に近くて滑り落としにくい把持位置と姿勢とを見つける、深層学習の応用研究です。