TOP

文学部日本文学科学生の作品が「第7回福岡女学院短歌コンクール」で入賞

NEWS

POSTED

2020.10.31

TITLE

文学部日本文学科学生の作品が「第7回福岡女学院短歌コンクール」で入賞

CATEGORY

「第7回福岡女学院短歌コンクール」一般の部において、文学部日本文学科日置俊次教授ゼミ所属の小舟萩(日本文学科3年)さんが〈優秀賞〉、蒔山智郎(日本文学科4年)さんが〈入選〉に入賞しました。

表現することを大切にする福岡女学院では「今をうたう」をテーマに「福岡女学院短歌コンクール」を全国規模で開催しています。小舟萩さんの〈優秀賞〉は〈最優秀賞〉に次いで一般部門で3名のみの受賞という難関です。蒔山智郎さんは昨年に引き続いての入賞となりました。

表彰式は2020年12月5日(土)に福岡女学院で行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。

なお、日本文学科の日置教授ゼミでは、多くの短歌コンクールにおいて、毎年、受賞者を輩出しています。

〈優秀賞〉
小舟萩(文学部日本文学科3年)
宙を掴み動きを止めたショベルカーあの日の僕と同じ背中だ

〈入選〉
蒔山智郎(文学部日本文学科4年)
ビートルズのごとく歩める家族ありコロナの春の横断歩道

関連情報