TOP

「第98回 東京箱根間往復大学駅伝競走」で2年ぶり5回目往路優勝

NEWS

POSTED

2022.01.02

TITLE

「第98回 東京箱根間往復大学駅伝競走」で2年ぶり5回目往路優勝

CATEGORY

2022年1月2日(日)、「第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」往路5区間107.5キロメートルにおいて、本学陸上競技部(長距離ブロック)は5時間22分06秒の記録で、往路優勝となりました。

昨年に引き続き、大会主催者側より新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からコース沿道での観戦や応援の自粛が求められた今大会は、本学では応援団、吹奏楽バトントワリング部によるオンライン応援配信を実施し、熱いエールを送りました。芦ノ湖には積雪も見られる薄曇りの天候のもと、1区では15年ぶりの区間新記録が生まれる高速レースで往路はスタートしました。

本学チームは1区では当日エントリー変更の志貴勇斗選手(教育人間科学部教育学科2年)がトップから46秒差の5位、薄日が差してきた2区は今年のエース近藤幸太郎選手(経営学部経営学科3年)が2人のヴィンセントの追撃を振り切り2位、3区・箱根デビューの太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科1年)が海風と気温の変化のなか13キロ手前で1位に追いつき、湘南大橋を越えたところで単独首位を奪還、この区間では日本人1年最高記録で3年ぶりの1位でつなぎ、4区・当日エントリー変更のキャプテン飯田貴之選手(総合文化政策学部総合文化政策学科4年)が区間3位の走りで1位でつなぎ、5区を1年生として12年ぶりに任された若林宏樹選手(地球社会共生学部地球社会共生学科1年)が、沿道には雪も残り、時折強く吹き付ける向かい風の中、区間3位の走りで5時間22分06秒の記録でゴールしました。

明日は、一昨年以来の総合優勝を目指し復路109.6キロに挑みます。

本日、テレビやラジオの前で応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。
皆さまからの声援が、走っている選手たちに元気と力をもたらしますので、復路も引き続き、温かい応援をお願い申し上げます。明日も応援団、吹奏楽バトントワリング部によるオンライン応援配信予定です。


【箱根駅伝 復路】
2021年1月3日(月)8:00スタート


【オンライン応援配信時間】

<1月3日(月) 復路>
スタート応援 7:30~8:00
6区ゴール応援 8:30~9:00
青学TVコラボ企画 9:20~9:50
7区ゴール応援 9:50~10:10
8区ゴール応援 10:50~11:15
9区ゴール応援 12:00~12:30
10区ゴール応援 13:00~13:30

【第98回 東京箱根間往復大学駅伝競走 エントリーメンバー】

飯田貴之選手(総合文化政策学部4年)
高橋勇輝選手(国際政治経済学部4年)
湯原慶吾選手(文学部4年)
岸本大紀選手(社会情報学部3年)
近藤幸太郎選手(経営学部3年)
関口雄大選手(国際政治経済学部3年)
中倉啓敦選手(社会情報学部3年)
中村唯翔選手(総合文化政策学部3年)
西久保遼選手(コミュニティ人間科学部3年)
宮坂大器選手(国際政治経済学部3年)
横田俊吾選手(教育人間科学部3年)
佐藤一世選手(総合文化政策学部2年)
志貴勇斗選手(教育人間科学部2年)
太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部1年)
田中悠登選手(経営学部1年)
若林宏樹選手(地球社会共生学部1年)

関連情報