TOP

2022年度入学式を挙行しました

NEWS

POSTED

2022.04.01

TITLE

2022年度入学式を挙行しました

CATEGORY

2022年4月1日(金)、青山キャンパスの青山学院記念館にて、2022年度入学式を執り行いました。
阪本浩学長がお祝いの式辞を、山本与志春院長が告辞を述べました。

阪本浩学長・式辞

ご入学おめでとうございます。
青山学院大学は、皆さんを心から歓迎いたします。
皆さんは、今日から我々の共同体の一員となります。
その共同体とは、「青山学院大学の理念」にあるとおり、「神と人とに仕え社会に貢献する、〈地の塩、世の光〉としての教育研究共同体」であります。

阪本浩学長・式辞

ご入学おめでとうございます。
青山学院大学は、皆さんを心から歓迎いたします。
皆さんは、今日から我々の共同体の一員となります。
その共同体とは、「青山学院大学の理念」にあるとおり、「神と人とに仕え社会に貢献する、〈地の塩、世の光〉としての教育研究共同体」であります。

その教育の目指すところは、「地球規模の視野にもとづく正しい認識をもって、自ら問題を発見し解決する知恵と力をもつ人材を育成する」ことにあります。そのために本学では入学者選抜においても「思考力、判断力、表現力」を重視しているのです。皆さんは「自ら問題を発見」する意欲と能力を持っていると確信しています。それを「解決する知恵と力」を身に付けるのを促し、支援するのが我々教員の役目です。どのような授業でも、単に知識を得るためだけではなく、受け身でよしとは考えず、常に「自ら問題を発見」するつもりで参加してほしいと思っています。
そして我々は「時代の要請に応えうる大学」であらねばなりません。しかしそれは、「本学のすべての教員、職員、学生は、相互の人格を尊重し、建学以来の伝統を重んじる」ことで実現すべきものです。建学以来の伝統を無視すれば、本学の存立の基盤を失うことになるかもしれません。「地の塩、世の光」、このスクール・モットーの下で、皆で力を合わせて「時代の要請に応えうる大学の創出」に努めて行きましょう。

その教育の目指すところは、「地球規模の視野にもとづく正しい認識をもって、自ら問題を発見し解決する知恵と力をもつ人材を育成する」ことにあります。そのために本学では入学者選抜においても「思考力、判断力、表現力」を重視しているのです。皆さんは「自ら問題を発見」する意欲と能力を持っていると確信しています。それを「解決する知恵と力」を身に付けるのを促し、支援するのが我々教員の役目です。どのような授業でも、単に知識を得るためだけではなく、受け身でよしとは考えず、常に「自ら問題を発見」するつもりで参加してほしいと思っています。
そして我々は「時代の要請に応えうる大学」であらねばなりません。しかしそれは、「本学のすべての教員、職員、学生は、相互の人格を尊重し、建学以来の伝統を重んじる」ことで実現すべきものです。建学以来の伝統を無視すれば、本学の存立の基盤を失うことになるかもしれません。「地の塩、世の光」、このスクール・モットーの下で、皆で力を合わせて「時代の要請に応えうる大学の創出」に努めて行きましょう。

「地の塩、世の光(sal terrae, lux mundi)」これは高邁な理想です。今、現実の世界は苦しんでいます。直ぐには収束しそうにないパンデミック、そして21世紀にこんなことが起こるとは誰も思いたくなかった悲惨な戦争。国内に目を向けても、自然災害。今、この時代に高邁な理想を掲げる勇気を持てるだろうかと思ってしまうこともあります。
lux mundi: 『マタイによる福音書』(5章14-16節)にはこう書かれています、「あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」
この共同体は本当にそうなれるのだろうか?怖くなってしまいます。逃げ出したくなります。しかし、先輩たちはこの理想を掲げてきました。今日からこの共同体の一員となった皆さんにお願いします。共にともし火を高く掲げて、前進しましょう。

「地の塩、世の光(sal terrae, lux mundi)」これは高邁な理想です。今、現実の世界は苦しんでいます。直ぐには収束しそうにないパンデミック、そして21世紀にこんなことが起こるとは誰も思いたくなかった悲惨な戦争。国内に目を向けても、自然災害。今、この時代に高邁な理想を掲げる勇気を持てるだろうかと思ってしまうこともあります。
lux mundi: 『マタイによる福音書』(5章14-16節)にはこう書かれています、「あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」
この共同体は本当にそうなれるのだろうか?怖くなってしまいます。逃げ出したくなります。しかし、先輩たちはこの理想を掲げてきました。今日からこの共同体の一員となった皆さんにお願いします。共にともし火を高く掲げて、前進しましょう。

関連情報