TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

外岡尚美副学長・橋本修副学長就任式を挙行

NEWS

SCHEDULED

2016.6.10

TITLE

外岡尚美副学長・橋本修副学長就任式を挙行

CATEGORY

2016年6月1日(水)、本部礼拝堂において外岡尚美副学長と橋本修副学長の副学長就任式が執り行われました。

式辞の中で梅津順一院長は「この半年間、精力的に進めてきた三木学長をはじめとした大学執行部に敬意を表するとともに、新たに副学長2名を迎えた今、神の祝福と導きを得て、益々良い仕事をなさることをお祈りいたします」と述べました。三木義一学長は新副学長の紹介の後、「2名の副学長を加え、大学そして学院をさらにより良くしていくよう努力をしてまいります」と抱負を語りました。

本学初となる女性副学長で、学生担当となる外岡副学長は「大学全体を捉え、学長を支え、教育内容の充実を図り、社会との連携を推進し、サーバント・リーダーの育成に努めてまいります。在校生・卒業生が誇りに思えるよう、そして教職員がこの大学で働くことを喜びに思えるよう、与えられた責務を全うしてまいります」と抱負を述べました。

2014年より理工学部長を務め、相模原キャンパス総務・財務担当となる橋本副学長は、「かつて定年で辞められた先生から伺った言葉が忘れられません。それは、『恵まれた環境で研究し十分な成果を出したのなら、その後は若手の育成と教育環境を整えることに尽力し大学や学院に恩返しすることを考えてみてください』という言葉です。“恩返し”という言葉に背中を押され、大学執行部の一員として、さらなる若手の育成、教育環境の充実、改善のお役に立てればと思います」と抱負を述べました。

堀田宣彌理事長による祝辞の後、祝祷をもって就任式は終了しました。