TOP

橋本修教授(理工・電気電子工)が、電気学会「平成28年度 業績賞」を受賞

NEWS

SCHEDULED

2016.5.31

TITLE

橋本修教授(理工・電気電子工)が、電気学会「平成28年度 業績賞」を受賞

CATEGORY

橋本 修教授(理工学部 電気電子工学科)が、電気学会「平成28年度 業績賞」を受賞しました。

同賞は、長年にわたり、電気学術または技術の発展に貢献した研究者におくられるものです。

橋本教授は、これまで主として「高精度材料定数測定」と「電波吸収体の開発」に関する研究を行ってきており、独自の高度材料測定法を考案したうえで、マイクロ波・ミリ波における高機能電波吸収体を開発してきました。開発した電波吸収体は、ETC(電子料金収受システム)用、無線LAN用、近傍電磁界吸収用など多岐にわたり、幅広く活用されています。特に、ゲート周辺からの反射電波によるETCの誤作動を防止するETC用電波吸収体の開発は、ETCシステムの急速な普及を促しました。