TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

歩行型生体分子モーターのエネルギー入出力を解明

NEWS

SCHEDULED

2018.11.28

TITLE

歩行型生体分子モーターのエネルギー入出力を解明

CATEGORY

富重道雄教授(理工学部物理・数理学科)が、山口大学大学院医学系研究科 有賀隆行准教授(特命)、九州大学理学部物理学科 水野大介准教授と共同で、歩行型生体分子モーターであるキネシンのエネルギー入出力を、実験・理論の両面から初めて明らかにしました。

本研究により、レール上を歩行するタイプの分子モーターで初めて、エネルギーの入出力の解析を行うことができました。小さな生体分子から学ぶエネルギー変換の仕組みは、近年活発に開発されている人工分子モーターの構築や設計(2016年度ノーベル化学賞受賞)と、そのドラッグデリバリーシステムへの医療応用などにも役立つことが期待されます。

詳細は以下よりご確認ください。