TOP

武内亮研究室(理工学部化学・生命科学科)の論文が英国王立化学会速報誌Chemical Communicationsに掲載(SDGs関連研究補助制度)

NEWS

POSTED

2021.10.11

TITLE

武内亮研究室(理工学部化学・生命科学科)の論文が英国王立化学会速報誌Chemical Communicationsに掲載(SDGs関連研究補助制度)

CATEGORY

理工学部化学・生命科学科武内研究室では、環境に負荷をかけない化学反応である環境調和型反応を用いて、私達の生命と健康を守る医薬品の原料となる光学活性アザインドールの環境調和型合成法を開発しました。これらの結果は英国王立化学会速報誌Chemical Communicationsに掲載されました。本研究は総合研究所SDG’s関連研究補助制度の支援を受けて行われました。

環境調和型反応とは:私達の生活は様々な有用有機化合物によって支えられています。これらを得るために石油を原料として化学反応が行われています。化学反応を行う場合に、熱エネルギーを大量に消費することと不必要な副生成物の生成が環境に負荷を与えます。省エネルギーかつ必要な目的生成物だけが得られるような環境に負荷を与えない反応を環境調和型反応といい、持続可能な社会を実現するために必要なものづくりです。本研究では、温和な条件で反応が進行し、目的生成物である光学活性アザインドールが高収率で得られ、目的生成物以外の副生成物としては水しか生成しません。

論文の題名
Iridium-Catalyzed C3-Selective Asymmetric Allylation of 7-Azaindoles w Iridium ith Secondary Allylic Alcohols
Takahiro Sawano, Takeshi Matsui, Marina Koga, Eri Ishikawa, Ryo Takeuchi
Chem. Commun. 2021, 9684-9687.
DOI: 10.1039/D1CC03968G


著者
澤野 卓大(理工学部化学・生命科学科助教・武内研究室)
松井 岳史(理工学研究科理工学専攻博士前期課程修了・武内研究室)
古賀 満里奈(理工学研究科理工学専攻博士前期課程・武内研究室)
石川 英里(中部大学工学部応用化学科教授)
武内 亮(理工学部化学・生命科学科教授)