TOP

経済学部現代経済デザイン学科において、経済学系電子教科書の試験的活用を開始

NEWS

SCHEDULED

2013.9.25

TITLE

経済学部現代経済デザイン学科において、経済学系電子教科書の試験的活用を開始

CATEGORY

経済学部現代経済デザイン学科では、電子教科書(教科書名『スティグリッツ公共経済学』)の試験的活用をはじめました。
同学部同学科では、専門科目「公共経済学Ⅰ」(1年次・後期・必修)の教材として翻訳教科書『スティグリッツ公共経済学』(出版:株式会社東洋経済新報社)を使用していますが、2013年度後期から1年生の約半数にあたる70名がタブレット端末(iPad mini/Nexus7)を用いて、この電子教科書(経済学の教科書としては日本初の* 電子配信)を利用しています。
電子教科書は、検索機能を利用して教科書を辞書のように使うこともでき、かつ専門書を持ち運ぶ負担も軽減されるため、効率的な学習が可能になると期待されています。
同学部では、電子教科書を使用している学生の学習効果や電子教科書の優れた特性を勘案しながら、今後、経済学部の全学生に電子教科書を導入することを検討していく予定です。
なお、電子教科書『スティグリッツ公共経済学』は、京セラ丸善システムインテグレーション株式会社および株式会社東洋経済新報社と共同で開発をおこなっており、2013年9月19日付でプレスリリースを行いました。

*2013年9月 京セラ丸善システム調べ