TOP

文部科学省「2012年度 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」採択プログラムにおける本学学生の取り組み - 企画販売型共働実習(インターンシップ)-

NEWS

SCHEDULED

2014.7.8

TITLE

文部科学省「2012年度 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」採択プログラムにおける本学学生の取り組み - 企画販売型共働実習(インターンシップ)-

CATEGORY

2012年度、文部科学省「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」として選定された「首都圏に立地する大学における産業界のニーズに対応した教育改善」プログラムの企画のひとつとして、事業参加大学の学生が「企画販売型共働実習(インターンシップ)」に取り組んでいます。
同プログラムは、首都圏にメインキャンパスを有する18の大学*が、産業界から求められる人材を育成するため、5つのテーマ「産業界ニーズの把握」「社会的・職業的自立力の測定手法の開発」「産業界ニーズに対応したカリキュラムの開発・体系化」「産業界との連携による人材育成プログラムの開発」「産業界ニーズに対応した技術者の育成」を設定し、産業界と連携して、教育の改善・充実をはかっていくというものです。
いま、同プログラムでは、事業参加大学から希望者を募り、ファッションビジネスの企画・マーケティングから販売店舗の事業運営にチャレンジする「企画販売店舗の事業運営インターンシップ」を行っています。
本学からは11名の学生が参加し、3月末から3か月にわたって「企業経営・仕入・顧客対応・店舗運営・販売」等の講義や指導を受け、自分たちで洋服の仕入、店舗レイアウトを考案し、実際に現在、本学内に店舗を出店して洋服の販売を行っています。

店名:おしゃれ大学
実習期間:2014年7月7日(月)~7月12日(土) 10:00~17:00
場所:6号館1階(旧模擬法廷)

* 本事業参加18大学・・・お茶の水女子大学、青山学院大学、大妻女子大学、工学院大学、駒澤大学、芝浦工業大学、昭和女子大学、女子美術大学、専修大学、拓殖大学、東京家政大学、東京電機大学、東京都市大学、東京未来大学、法政大学、明治学院大学、目白大学、東京家政大学短期大学部

関連情報