TOP

上野 亮さん(社会情報学・博士後期3年)の研究発表が、第3回 社会情報学会 学会大会「研究発表優秀賞」を受賞

NEWS

SCHEDULED

2015.10.7

TITLE

上野 亮さん(社会情報学・博士後期3年)の研究発表が、第3回 社会情報学会 学会大会「研究発表優秀賞」を受賞

CATEGORY

上野 亮さん(社会情報学研究科 社会情報学専攻 博士後期課程3年、飯島 泰裕 教授研究室所属)が、2014年9月19日(金)~21日(日)に京都大学 吉田南キャンパスで行われた「第3回(2014年度)社会情報学会 学会大会」での研究発表で「研究発表優秀賞」を受賞しました。
同賞は、社会情報学会 学会大会(年1回開催)における大学院生による研究発表の中で、同学会が定める審査基準を満たした優秀な研究発表に対しておくられるものです。第3回大会では、一般の研究者による発表も含めて68件の発表があり、うち5件に同賞がおくられました。
上野さんの研究発表タイトルは、「利用者調査から見る大学生の電子図書館活用方法に関する考察 ―多読課題をケーススタディとして―」です。
近年、各地の図書館において電子図書館の導入が進んでいます。2013年4月から本学 社会情報学部においても電子図書館の運用が開始されており、電子図書館は、学生に対する授業の課題として多読課題を課すことでも活用されています。本研究では、同学部電子図書館の利用者調査を実施し、「学生の電子図書館の活用のしかた」と「電子図書館における課題(学生が要望している端末と電子図書館の対応端末には隔たりがあること等)」を明らかにしました。
上野さんの研究は、発表内容やプレゼンテーションのわかりやすさ等が評価され、同賞にふさわしいと認められました。
2015年9月12日(土)、明治大学駿河台キャンパスで開催された第4回(2015年度)学会大会で授賞式が行われました。