TOP

小谷恵子さん(国際マネジメント研究科・博士後期課程2年)が「日本マーケティング学会『マーケティングカンファレンス2015 / オーラルセッション ベストドクターコース賞』」を受賞

NEWS

SCHEDULED

2015.12.12

TITLE

小谷恵子さん(国際マネジメント研究科・博士後期課程2年)が「日本マーケティング学会『マーケティングカンファレンス2015 / オーラルセッション ベストドクターコース賞』」を受賞

CATEGORY

小谷恵子さん(国際マネジメント研究科 国際マネジメントサイエンス専攻・博士後期課程2年、黒岩健一郎教授研究室所属)が、2015年11月29日(日)に早稲田大学で行われた「マーケティングカンファレンス2015『オーラルセッション』」(主催:日本マーケティング学会)で研究発表を行い、「ベストドクター賞」を受賞しました。

同賞は、日本マーケティング学会が開催する研究発表大会(年1回開催)で実施された博士課程在籍者によるオーラルセッション(論文準備の上で、報告・質疑を行う)の中で、理事の審査により、最も優秀であると認められた発表に対して贈られます。今回は13件の研究発表が行われ、うち2件に同賞が贈られました。

小谷さんの研究発表のタイトルは、「組織アイデンティフィケーション* を考慮したサービス・プロフィット・チェーンの探索的研究 -レストラン・キハチの事例研究から-」です。
レストラン「キハチ」の事例研究をもとに、従来のサービス業の収益性を説明するモデルに、組織アイデンティフィケーションと職業アイデンティフィケーションを導入して、新しいモデルの仮説を提示しました。

 *組織アイデンティフィケーション・・・自己を、自己の好ましい集団の 一員としてカテゴライズし、その集団との一体性を認知すること。